« 今日も,講義,講義,講義,そして修論ゼミ | Main | 「一日一日を大切に」 »

2011.06.08

今年も,ワークショップに関する講義を

 今年も,担当している講義「教育実践の研究Ⅱ」において,「ワークショップによる学び」を計画・実施する。これは,受講生に,授業とワークショップの接点を見いだしたり,社会教育のワークショップによる学びの可能性を考察するための力量を獲得させるものである。昨年度は,3回を費やしていたが,今年は,内容を圧縮して2回+αでおこなう。CSKのCAMPのスタッフの協力を仰ぐことになる(お忙しいのに,ご協力いただき,感謝しています)。
 本日は,診断的評価の後,私がワークショップの定義や系譜,そこにおけるファシリテーターの役割等について解説し,それに続いて,学生に,3つの子ども向けワークショップ事例を吟味させ,その特徴等を考えさせた。次回は,いよいよ,学生にワークショップを体験してもらう。どのような感想を抱くようになるか,楽しみである。
 来週の水曜日は,ソフトボール部との親善試合(教職員チームがリベンジをねらう)もある。忙しい水曜日になりそうだ。

|

« 今日も,講義,講義,講義,そして修論ゼミ | Main | 「一日一日を大切に」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今日も,講義,講義,講義,そして修論ゼミ | Main | 「一日一日を大切に」 »