« 1回生が探究の成果を中間報告 | Main | 太陽の下でテニスをして »

2011.06.03

体育を専門とする教師が英語の研究授業に臨んで

P1250458 美咲町立柵原中学校を訪問した。同校の教師たちは,昨年度から,学区の小学校と協力して,学力向上に向けた多様な取り組みを繰り広げている。本年度,写真の教師が同校に勤務することとなった。なんと,体育と英語を指導している(ちゃんと免許も有している)。これまでの勤務校では,体育の授業の担当が主で,英語を教える機会はそれほど多くはなかったそうである。けれども,同校に赴任して2ヶ月ほどで,英語の指導を(指導案を作成して)他の教師等に公開し,批評してもらうこととなった。当該教師は,カードやプリントを数多く準備し,子どもたちの文法の理解や積極的な表現を促していた。
 確かに,不慣れな部分もあったし,緊張もされていた。きっと,当人は,公開するならば,体育の授業の方がやりやすかったであろう。しかし,得意ではない(?)教科の指導をあえて公開し,他者から批評してもらおうとする前向きな姿勢は,当該教師の成長に資する機会となったはずである。なにより,そのようなチャレンジ精神が生徒の向学心に再帰することは間違いない。子どもは,教師が学び続けているかどうかに敏感なものである。

|

« 1回生が探究の成果を中間報告 | Main | 太陽の下でテニスをして »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1回生が探究の成果を中間報告 | Main | 太陽の下でテニスをして »