« ていねいに準備すれば,研修は充実する | Main | いよいよ,ポルトガルへ »

2011.07.02

研究推進チームが機能すれば,研修は充実する

P1260550 京都府精華町の精華西中学校の授業研究会に参加した。同校は,6年も前から,全員が指導案を作成して,授業公開に臨んでいるそうだ。昨日も,様々な教科の6人の教師が授業を公開していた。当該のクラス以外の生徒は,昼食後,帰宅する(それでも,授業時数は十分確保されているそうだ)。だから,授業者以外の教師は,いずれかの授業を見学し,事後協議会に備える。研究授業は13:40にスタートし,事後協議会は14:40に開始される(多少,遅れたが)。だから,授業づくりに関して,じっくりと議論できる。やはり,授業研究会を充実させるためには,ある程度の時間が必要だ。
 そうした計画は,学校長・教頭・教務主任・研究主任等の7人のスタッフによるプロジェクトチームで相談し,決めているそうだ。こうしたチームの構成と運用は,研修の充実を大きく規定する。

|

« ていねいに準備すれば,研修は充実する | Main | いよいよ,ポルトガルへ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ていねいに準備すれば,研修は充実する | Main | いよいよ,ポルトガルへ »