« 教育実習生も研究授業で活用型を | Main | 日本教師教育学会第21回研究大会にて »

2011.09.16

今度は,学会のはしご

 福井にやって来た。明日から福井大学を会場にして催される,日本教師教育学会第21回研究大会に参加するためだ。明日の午前中,昨年度まで院生だった小学校教員が自身が繰り広げたメンタリングに関する研究を報告する。
 明後日,小松を経て上京し,八王子の首都大学東京に向かう。ここで開かれる日本教育工学会第27回全国大会に参加し,発表するためだ。19日の午後の課題研究8「教育工学の教師教育への貢献」において,「教師教育研究における教育工学的アプローチの特徴と課題-『日本教育工学会論文誌』に掲載された論文の分析から-」と題する発表を行う。この10年間に『日本教育工学会論文誌』に掲載された教師教育関係論文をレビューし,その傾向性を分析して,教師教育研究における教育工学的アプローチの可能性と課題に迫る。

|

« 教育実習生も研究授業で活用型を | Main | 日本教師教育学会第21回研究大会にて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教育実習生も研究授業で活用型を | Main | 日本教師教育学会第21回研究大会にて »