« 「教育の情報化」実践セミナー2011 in 長崎 | Main | 中高等学校の校内研修の現状と課題 »

2011.10.07

三原市立幸崎中学校の研究発表会(11月25日)

P1280314 広島県三原市立幸崎中学校を訪ねた。今年4度目となる。体育と理科の2つの研究授業を見学し,事後協議会にも参加した。同校は,パナソニック教育財団の第36回(平成22~23年度)実践研究助成の「特別研究指定校」である。「『思考力・表現力』を高める授業の創造~学習集団の育成を通して~」という研究テーマをかかげ,それらの能力を育成するためのICT活用に取り組んでいる。同校は,他にもいくつもの研究指定を受けて,実践研究を多面的に繰り広げている。そして,それだけに,その密度も高い。各教師が,年間に3回以上,研究授業に取り組む。指導案も,ていねいに作成されている。
 同校は,11月25日(金)に,研究発表会を催す。全クラス(といっても各学年1クラスしかないので,全部で3クラスとなるが)で,授業が公開される。ICT活用によって思考力等の育成を図る,国語(体育との連携),数学,そして美術の授業である。分科会(ICT活用,学習集団づくり)では,当日研究授業を催さない教師たちは,それまでの研究授業等をポスターに記して発表に臨む。中学校でこれだけ実践研究に熱意を注ぐ学校は,そう多くあるまい。研究発表会に参加すれば,参加者は,中学校における実践研究の進め方についても,得るものがあろう。

|

« 「教育の情報化」実践セミナー2011 in 長崎 | Main | 中高等学校の校内研修の現状と課題 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「教育の情報化」実践セミナー2011 in 長崎 | Main | 中高等学校の校内研修の現状と課題 »