« 「ICT活用による学力向上」(『教育展望』2011年10月号) | Main | 卒論ガイダンスにて »

2011.10.11

大阪府看護学校長・副学校長の研修会で,授業研究について講演

 本日,大阪城公園駅近くの大阪ナーシングアートで,大阪府看護学校長・副学校長の研修会で,授業研究について講演をおこなった。看護学校等でも,授業研究の必要性は共通理解されているが,その方法論は成熟していないらしい。小中学校の取り組みに加えて,自身の大学での試み等を題材にして,授業研究のデザイン,それを連続・発展させるための仕組み等を語った。
 看護教育における授業研究のパイオニアは,故藤岡完治先生である。今日も,私が大学院生や助手時代に,授業研究の方法論に関して藤岡先生と交わした言葉を思い出しながら,講演の言葉を選んでいた。

|

« 「ICT活用による学力向上」(『教育展望』2011年10月号) | Main | 卒論ガイダンスにて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「ICT活用による学力向上」(『教育展望』2011年10月号) | Main | 卒論ガイダンスにて »