« 言語活動の充実を図る | Main | 「大学研究者は授業研究にどのように関わっているのか(2)」(日本教育方法学会第47回大会のラウンドテーブル) »

2011.10.01

明日,教育方法学会のラウンドテーブルに登壇

 今日,明日と秋田大学で,日本教育方法学会第47回大会が催されている。私は,明日の自由研究発表の司会を担当し,その後,15:30からのラウンドテーブル③「大学研究者は授業研究にどのように関わっているのか2」に登壇する。これは,昨年度設定されたラウンドテーブルの発展編だ。大学研究者が,学校における研究授業において,どこに注目し,何を見ているのか--それを,当日のメモや映像で明らかにしつつ,テーマに迫ろうとするものだ。
 しかし,今は,まだ羽田空港。自宅を出てから3時間近く経つが,秋田駅近くのホテルに到着するには,まだ2時間以上かかる。がんばろう。

|

« 言語活動の充実を図る | Main | 「大学研究者は授業研究にどのように関わっているのか(2)」(日本教育方法学会第47回大会のラウンドテーブル) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 言語活動の充実を図る | Main | 「大学研究者は授業研究にどのように関わっているのか(2)」(日本教育方法学会第47回大会のラウンドテーブル) »