« 大阪府看護学校長・副学校長の研修会で,授業研究について講演 | Main | 放送教育・視聴覚教育の歴史に関するパネルディスカッション »

2011.10.12

卒論ガイダンスにて

 本日,21:10から,次年度の卒論指導教員を決めるためのガイダンス(教育・心理系)が行われた。6人の教員に対して,希望する学生50名ほどが集まった(ただし,第二希望としてこの系を考えている学生もこの数には含まれよう)。
 3分強の時間で自分の研究内容や卒論指導ゼミの内容を伝えるために,パワーポイントでスライドを示した。担当している講義,研究分野,研究活動,担当した卒論テーマ例,そしてゼミの特徴や運営方針である。
 学校現場の授業に接近して研究活動を繰り広げること,そのためには早いスタートを切らねばならないこと,集団ゼミと個別ゼミを重ねること,卒業してからも授業づくりをめぐる研究室ネットワークを大切にすることなどを強調した。

|

« 大阪府看護学校長・副学校長の研修会で,授業研究について講演 | Main | 放送教育・視聴覚教育の歴史に関するパネルディスカッション »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大阪府看護学校長・副学校長の研修会で,授業研究について講演 | Main | 放送教育・視聴覚教育の歴史に関するパネルディスカッション »