« またまた三重県へ | Main | 『教育テレビ&ICT活用で授業力アップ』リニューアル! »

2011.11.14

ICT活用による授業改善の連続・発展

 四日市立笹川中学校が研究発表会を催した。社会・理科・美術の教師が授業を公開した。それらの授業では,ICT活用によって,子どもたちに,習得や活用が促されていた。
P1290865 それらの授業に関する参加型の事後協議会に加えて,私が推奨していた,2つのアクションが研究発表会のメニューに加えられた。1つは,写真のようなポスター発表である。6月の校内研修において実施された研究授業(英語・数学・体育)のねらいやその実際,そしてそれらに関する考察が模造紙にまとめられ,発表された。もう1つは,実践レポートである。各教科におけるICT活用のねらいや重点課題,夏休み等におけるそれらの振り返り結果が表や文章にまとめられている。ある教科のものは30ページ近くのボリュームにもなっている。
 ポスターにしても,レポートにしても,参加者に対するサービスだけでなく,いやそれ以上に,笹川中学校の教師たちが,自らのICT活用を省察し,次なるステップを構想するための仕組みとして機能したはずだ。これらの活動は,同校のICT活用による授業改善の連続・発展を促しているに違いない。

|

« またまた三重県へ | Main | 『教育テレビ&ICT活用で授業力アップ』リニューアル! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« またまた三重県へ | Main | 『教育テレビ&ICT活用で授業力アップ』リニューアル! »