« ゼミ,ゼミ,ゼミ-- | Main | 世界授業研究学会(The World Association of Lesson Studies ,WALS) で発表 »

2011.11.11

探究の過程を連続・発展させるために(桂徳小学校)

P1290762 今日もまた,京都市立桂徳小学校で,総合的な学習の授業を見学した。同校の教師たちは,昨年度から『主体的に学び いきいきと確かな自分を表現する子ども』という研究主題を設定して,生活科や総合的な学習の授業づくりやカリキュラム開発に関して,努力を重ねている。今日も,研究授業において,第3学年の子どもたちが,春から追究してきた,学区のツバメの生態,それを守ろうする人々の苦労や工夫について,ゲストティーチャーの解説を踏まえて,課題の再構成を図っていた。研究授業後,探究の過程を連続・発展させるために,どのようなデザインの単元構想が望ましいのか,それに外部人材がどのように位置付くのか,課題を再構成させるためには子ども間でどのような話し合いが実現すればよいのか等に関して,私は,自分なりにコメントした。

|

« ゼミ,ゼミ,ゼミ-- | Main | 世界授業研究学会(The World Association of Lesson Studies ,WALS) で発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ゼミ,ゼミ,ゼミ-- | Main | 世界授業研究学会(The World Association of Lesson Studies ,WALS) で発表 »