« 「思考力・判断力・表現力を育む授業づくりのポイント」(『初等教育資料』2012年12月号) | Main | 講義でキャリア教育について考える »

2011.12.05

「生きる力を培う放送学習」プロジェクトの研究授業

P1300732 本日も,千代田区立九段小学校で,全国放送教育研究会連盟(全放連)の研究プロジェクトの授業研究会が催された。同小学校の竹下教諭が,第二学年の子どもたちに対して,NHK学校放送番組『おはなしのくに』を利用した授業を実施した。「おおどろぼうホッツエンプロッツ」の回は,そのモチーフやストーリー,音声などの独自性(教科書に載っている作品との違い)ゆえに,その視聴後の読書活動の充実に資する可能性を有している。そうした点を私はコメントした。また,武蔵大学の中橋氏は,『おはなしのくに』のような映像作品の読解を通じて「豊かな心を育む」ためには映像リテラシーが重要であること等を指摘した。

|

« 「思考力・判断力・表現力を育む授業づくりのポイント」(『初等教育資料』2012年12月号) | Main | 講義でキャリア教育について考える »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「思考力・判断力・表現力を育む授業づくりのポイント」(『初等教育資料』2012年12月号) | Main | 講義でキャリア教育について考える »