« 教育委員長は大変だ | Main | シンポジウム「教職の力量形成をどうとらえるか」 »

2011.12.20

既に終わった研究授業を教師たちの共同的な学びに活用する

 長岡京市立長岡第七小学校を訪問し,同校の校内研修に参加した。同校は,京都府総合教育センターが企画運営している,「『教師力向上』教育実践力継承事業」の開発実践校の1つである。
P1310037 本日は,11月18日に同校が催した研究発表会で公開した授業について,ビデオ記録を見ながら,またいくつかの視点を設けて,同僚間で議論を繰り広げた。当日はお互いに授業を見学することができない(難しい)ので,せっかくの研究授業についてコメントをもらいたいという授業者の気持ちから,このような機会が設定されたそうだ。写真は,その様子である。既に終わった研究授業を過去のものとせずに今の共同的な学びに活用する態度,それを実現するための研究推進リーダー教師の準備のていねいさは,見事であった。

|

« 教育委員長は大変だ | Main | シンポジウム「教職の力量形成をどうとらえるか」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教育委員長は大変だ | Main | シンポジウム「教職の力量形成をどうとらえるか」 »