« 既に終わった研究授業を教師たちの共同的な学びに活用する | Main | 中学校区の教師たちの合同研修会 »

2011.12.21

シンポジウム「教職の力量形成をどうとらえるか」

P1310047 大阪教育大学では,平成23年度文部科学省概算要求特別プロジェクトとして,「学士力をベースにした教職の力量形成を目指す教育システムの開発」事業に取り組んでいる。本日,このプロジェクトの一環として,「教師の力量形成をどうとらえるか-教員養成カリキュラムの再構築を目指して-」というタイトルでシンポジウムが催された。1)事業報告,2)基調講演:安彦忠彦氏(早稲田大学),に続いて,パネルディスカッションが実施された。
 中教審「教員の資質能力向上特別部会」における議論,教職スタンダード開発の経緯やそのタイプ(多様性),教師による専門職学習コミュニティの理論と実践などについて,整理できた。

|

« 既に終わった研究授業を教師たちの共同的な学びに活用する | Main | 中学校区の教師たちの合同研修会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 既に終わった研究授業を教師たちの共同的な学びに活用する | Main | 中学校区の教師たちの合同研修会 »