« 明けまして,おめでとうございます。 | Main | インタビューデータの論文への活かし方 »

2012.01.02

研究の目的と結論の整合性

 今日は,修論の草稿のチェックに相当の時間を費やした。修論のように長い文章になると,研究の目的と結論がズレることがよく起こる。自身の実証研究の過程と成果を先に記述し,その提案性を強調するように先行研究をまとめなさいと指示するのであるが,それを守っていないのか,今日読んだ分も,両者のズレが目立った。急ぎ電話して,修正の方策を指示した。卒論も含めて,このような闘いがあと何日続くことか--。

|

« 明けまして,おめでとうございます。 | Main | インタビューデータの論文への活かし方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 明けまして,おめでとうございます。 | Main | インタビューデータの論文への活かし方 »