« デジタル教科書の未来について考える | Main | 若手教師等が研究授業の実施に名乗りをあげてくれて »

2012.01.31

三重県教育委員会の授業研究担当者育成研修実践交流会

P1310379 昨日,「みえの教職員授業力向上支援事業」の一環である「授業研究担当者育成研修実践交流会」が催された。推進校という名称を与えられた18の小中高等学校及び支援学校の授業研究担当者が本年度所属校で授業研究の充実を目指して繰り広げたアクションをポスターで発表し,それに100人以上の教師や指導主事が交わった。
 まずは,18人の授業研究担当者が,所属校における,授業研究の活性化を基盤とする校内研修の改革について1分間でアピールした。次いで,その内容が,2ラウンドのポスターセッションを通じて深められた。最後に,私の総括的なコメントが位置づけられた。
 教育委員会のスタッフが参加者の学びが広がり深まるように,そのデザインを練った研修会であった。

|

« デジタル教科書の未来について考える | Main | 若手教師等が研究授業の実施に名乗りをあげてくれて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« デジタル教科書の未来について考える | Main | 若手教師等が研究授業の実施に名乗りをあげてくれて »