« 授業改善を大切にする教師文化が発展して | Main | メンターの学びが若手教師の学びを誘発する »

2012.02.22

学校研究の総括を充実させる

P1320452 また,京都府精華町の精華西中学校の授業研究会に参加した(今年度4回目)。本日は,3つの研究授業(国語,社会,理科))が公開され,その単位ごとに協議が催された。そして,それに加えて,1年間の実践研究の総括がていねいに進められた。学習意欲の向上,考えを表現できる授業の創造という校内研究テーマに照らして,個人と組織の2つのレベルでの成果と課題が整理された。
 それらを踏まえて,次年度の研究テーマについて,キーワード(学習意欲の向上,活用する力の育成,コミュニケーション能力を高める」を定めて,その具体像や授業におけるアプローチをグループを組んで協議した。この学校の実践研究の総括とそれを踏まえた次年度の構想は,実に充実している。次年度の研究の継続・発展に大きな期待を寄せたい。

|

« 授業改善を大切にする教師文化が発展して | Main | メンターの学びが若手教師の学びを誘発する »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 授業改善を大切にする教師文化が発展して | Main | メンターの学びが若手教師の学びを誘発する »