« 先輩の卒論を自分の研究プロポーザルを | Main | 日本教育工学協会の新体制 »

2012.03.15

ICT活用にチャレンジする中学校教師たち

 広島県神石郡神石高原町にある油木中学校に出かけた。広島出身の(三原で生まれ,福山に高等学校に通った)私も,そのような場所には行ったことがなかったが,福山駅から北へ,車で1時間ほどの場所だ。
 2つの授業を見学した。1年生の数学,2年生の英語だ。いずれも,ICT活用にチャレンジするものだった。ベテラン教師たちが少々戸惑いながら,しかし授業改善のためにICTを授業に位置づける姿には好感を持てた。例えば,英語の授業では,指導者が子どもたちに英語による自己紹介の文例を示したり,そのポイントを確認するために,ICTによる提示をおこなっていた(加えて,笑顔がステキであった)。
 なお,神石高原町には4つの中学校があるが,共通の研究主題「生徒の思考力・判断力・表現力の育成~言語活動の充実・活用を通して~」を設けて,共同研究を推進しているという。これも,専門的な学習共同体のネットワーク化の観点から,望ましいことである。

|

« 先輩の卒論を自分の研究プロポーザルを | Main | 日本教育工学協会の新体制 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 先輩の卒論を自分の研究プロポーザルを | Main | 日本教育工学協会の新体制 »