« いよいよ日本に(ちょっぴり名残惜しい) | Main | パナソニック教育財団の特別研究指定校の取り組みの追跡 »

2012.03.08

指導主事に求められる力量

 文部科学省内で催された会議に出席した。それは,教師の学びの質を高めるための指導行政のあり方に関するものだ。この会議のメンバーは,教育委員会や教育センターのスタッフがどのようにして校内研修等のサポートを繰り広げるべきかについて,調査研究活動を進める。
 教師の学びや指導行政スタッフに求められる力量等を整理するのは難しい。学校や地域によって,それらの様相が異なるからだ。いずれにしても,子どもの学び,教師の学び,校内研修推進リーダーの学び,そして指導種の学びが相似形を呈することは共通理解できた。また,指導主事には,授業のイメージ,校内研修の体制についての見解がまず必要であり,それに加えて,例えば当該地域の実践事例に関する知識,学校の営みに参画するためのコミュニケーションやコーディネーションのスキル等が必要になることも意見の一致を見た。

|

« いよいよ日本に(ちょっぴり名残惜しい) | Main | パナソニック教育財団の特別研究指定校の取り組みの追跡 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« いよいよ日本に(ちょっぴり名残惜しい) | Main | パナソニック教育財団の特別研究指定校の取り組みの追跡 »