« 複数の役割を果たす難しさ | Main | 富山の情報教育研究会に参加して »

2012.04.28

学校長として初めて経験する参観日

P1000425 今日は,学校長として初めて経験する,土曜参観日だった。子どもの数を上回る保護者をお迎えした。うれしいことに,どの教室でも,子どもたちにしっかり考えさせる,よい授業が繰り広げられていた。そして,保護者も,教師が呈する学習課題を子どもとともに真剣に考えていらっしゃった。例えば,社会科で提示された資料を見て「ほー」という声が保護者からあがったりしていた。よいムードで,最初の参観日を終えられた。
 下校時,児童と保護者(千人をはるかに超えていただろう)を校門で見送った。シャイな私は,自分から挨拶をするのが苦手なのだが,よい参観日にしてくれた児童と保護者に御礼の気持ちを示そうと思い,がんばって,「さようなら」「気をつけて帰るんだよ」「お疲れ様でした」等々の言葉を投げかけ続けた。

|

« 複数の役割を果たす難しさ | Main | 富山の情報教育研究会に参加して »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 複数の役割を果たす難しさ | Main | 富山の情報教育研究会に参加して »