« 今日の給食(5月21日) | Main | 「身のまわりを美しく」についてさらに深く考える »

2012.05.22

初めて研究主任を務める教師たちの学び

 本日,瀬戸内市長船町で催された「岡山県教育委員会 研究主任実践力アップ研修会」で講師役を果たした。この研修会は,原則として初めて研究主任と務めることとなった教師を対象とするもので,授業力アップのための校内研修の企画・運営についての知識とスキルを高めてもらうことをねらいとしている。私は,「学校における実践研究の充実に向けて」というタイトルの講義を行った後,参加者が持ち寄った校内研修の年間計画(の再構築とそ)の発表のコーディネートを担当させてもらった。
P1330797 初めて研究主任を務めることとなった教師たちは皆,熱心だし,吸収力が高い。私が講義で示した,校内研修の充実のポイントを所属校の取り組みに導入しようと一生懸命考えていた。その中には,「いっぱいやらなければいけないことがあるのだと分かって,どうしたらいいものかと--」と自分を追い込みすぎる方もいらっしゃったので,私は,「昨年度までの研究推進に1つでも変化,新しいアクションが生まれたら,それでよいです」「そうしたアクションを3つ,優先順位をつけて構想できると,なおよいです」と応じておいた。
 それにしても,関西大学の非常勤→長船→天王寺(講義とゼミ)という,今日も長い1日であった。くたくたになって,明日のバースデーを迎えることになろう。

|

« 今日の給食(5月21日) | Main | 「身のまわりを美しく」についてさらに深く考える »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今日の給食(5月21日) | Main | 「身のまわりを美しく」についてさらに深く考える »