« 学んだことをすぐに活用する | Main | 学生がワークショップによる学びを体験 »

2012.06.06

研修計画と協議会のデザインについて研究主任がしっかり考える

P1340486 本日,倉敷市のライフパーク倉敷で催された「岡山県教育委員会 研究主任実践力アップ研修会」で講師役を果たした。この研修会は,原則として初めて研究主任と務めることとなった教師を対象とするもので,授業力アップのための校内研修の企画・運営についての知識とスキルを高めてもらうことをねらいとしている。私は,先日の長船町,鏡野町に引き続き,「学校における実践研究の充実に向けて」というタイトルの講義を行った後,参加者が持ち寄った校内研修の年間計画(の再構築とそ)の発表のコーディネートを担当させてもらった。
 午後からは,参加者は,研究授業後の協議会のデザインを構想し,その交流活動にたずさわった。ここでは,私は,オリエンテーションの必要性,論点の定め方の工夫,講師の役割の再考等について解説した。

|

« 学んだことをすぐに活用する | Main | 学生がワークショップによる学びを体験 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学んだことをすぐに活用する | Main | 学生がワークショップによる学びを体験 »