« June 2012 | Main | August 2012 »

2012.07.31

金沢の教師たちの学ぶ姿勢

P1350158 金沢市教育プラザ富樫に赴き,「授業研究を中心にすえた校内研修の進め方」というタイトルで,同市内小中学校の指導教諭や研究主任を対象にして,2時間弱で話題提供した。
 一昨年も似たような講座で講演を仰せつかったが,その時と同様,対象者が全員そろったので,開始予定時刻よりも前に講座がスタートした。ペアやグループによる討議にも積極的だった。金沢の教師たちの学ぶ姿勢は見事である。
 私の話題提供の前には,4つのブロックに分かれて実践報告会が設定されたが,そこでも,積極的な意見交換が繰り広げられており,それが休憩時間まで続いていた。

| | Comments (0)

2012.07.30

免許更新講習の参加者ががんばってくれて

 今日も,いわゆる免許更新講習の必修講習「教育の最新事情」の領域E「学校のマメジメント」の講座を担当した。今日の担当分は,朝9時から,85分×3コマだ。なかなか大変だと思っていたが,講座受講者がとても熱心で,あっという間に85分が過ぎた。各講座,もう85分ほしいくらいだった。講座終了後も,質問が投げかけられたり情報提供がリクエストされたりと,その熱心さは続いた。こういう講習ならば,何度やってもいい。

| | Comments (0)

2012.07.29

宇都宮大学教育学部で講演

 8月7日(火)午前中,宇都宮大学教育学部で,第13回教育実践講演会が催される。同大学の教育実践総合センター等が主催するものだ。小中学校の教師4名の研究発表の後,私は,「学力向上に資するICT活用-その実践の動向と課題-」というタイトルで講演を担当する。
 栃木県に行くのは,久しぶりだ。数年前に放送教育関係の研究会で講演を担当して以来となる。あの時は,名物の餃子等を食べる機会がなかった。今回はどうなるだろか--。「Kihara120807.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

2012.07.28

夏休みでも授業研究(津市教育委員会の試み)

P1350120 津市教育委員会は夏休み等に,小中学校の研究主任を対象とする研修を催している。昨日は,夏休みにも関わらず,ある学校を会場として「授業研究」を実施した。すなわち,ある学年の子どもたちに当該学校の教師を算数の授業を実施し,それを題材とする協議会を,参加した各学校の研究主任が繰り広げたのである。そして,そうした授業研究体験を比較対照としつつ,所属校の授業研究の改善を考える,ワークショップがそれに続いた。私は,この特別な授業研究会(及びワークショップ)のコーディネータを仰せつかり,なんとかその役割を果たした。

| | Comments (0)

2012.07.26

三重県教育委員会の授業研究担当者育成プログラム

P1350068 三重県教育委員会は,本年度,「みえの教職員授業力向上支援事業」の一環として,「授業研究担当者育成プログラム」を企画運営している。本日は,その第2回目の研修会であった。県内の16校で校内研修を企画・運営しているミドルリーダーたちが集い,1学期及び夏休みの校内研修の企画・運営上の工夫,2学期以降に実践的リーダーとして起こすべきアクションの構想を交流していた。
 この事業,昨年度スタートしたものであるが,教育委員会スタッフは,その運営に腐心している。例えば,今日も,昨年度のメニューにはなかった,模擬授業研究会を導入していた。

| | Comments (0)

2012.07.25

我ながらよく練れらたテストを用意した(講義「教育実践の研究Ⅱ」のテスト)

P1150679 本日,担当している講義「教育実践の研究Ⅱ」のテストを実施した。この講義では,「わが国の教育方法の今日的な状況について,総合的・具体的に理解する」という目標を設定している。具体的には,次のような目標を満たすことが期待される。
・教育方法の改善に関する潮流を理解できる。
・今日のカリキュラム開発や授業改善の実際について理解できるとともに,それを実践しようとする意欲を持つ。 
 その成果を確認するために,テストには,今日の教育実践の映像記録(今回は,二年前にNHK教育テレビで紹介された,山形県米沢市立第二中学校の金先生の「己事成語」(自「己」の生活を創造的に漢字に表すという,すぐれた活用型の実践だ)を視聴させ,それと講義内容を絡ませた問題を大問で3つ用意している。例えば,「次の(1)~(3)にあてはまる,この実践の授業場面を指摘しなさい」という問いを設けた。
(1)知識・理解等を生徒に獲得させるための「習得」型授業のコツ
(2)「生活場面等に応用」するタイプの「活用」型授業の成立と充実
(3)ICT活用の基礎的効果(教師によるICT活用)

 講義内容を覚えているだけでは解答できない。それを活用しないと解答できないテストである。我ながら,よく練られたテストを用意したと思う。

| | Comments (0)

うちの学校の教師たちの学び

P1010844 終業式の翌日,うちの学校の教師たちは,さっそく校内研修に取り組んだ。本日は,学校として取り組んでいる実践研究の総論のたたき台を研究部が作成し,その内容・表現等に関して,グループ協議や全体協議を繰り広げた。「考える力」「学び合い」「評価活動」の関係に関するモデルやそれを実践するための枠組みの必要性等を共通理解した。写真のように,うちの学校の教師たちは,授業実践力を高めるために豊かな学び合いにたずさわっている。

| | Comments (0)

2012.07.23

1学期の放送教育実践を振り返る(第112回なにわ放送教育研究会)

P1150658 今夜,我が研究室でで第112回なにわ放送教育研究会が催された。今回は,好例の1学期の放送教育実践の全員発表である。参加者は少なかったが,それでも,各人の1学期の実践を重ねて,放送教育の特長と課題を多面的に検討できた。私は,附属小学校の会議を終えてから遅刻して参加となったが,参加者が密な議論を繰り広げていたのを頼もしく思った。

| | Comments (0)

2012.07.22

日本教師教育学会第22回研究大会で研究発表

 9月8,9日と,東洋大学を会場にして,日本教師教育学会第22回研究大会が催される。昨日,そのプログラムが届いた。私は,他大学の共同研究者とともに,第2日目の午前中の第15分科会の3番目に発表することになった。タイトルは,「学校における実践研究の発展の状況や要因に関する比較検討-『専門的な学習共同体』の発展に関する理論を用いて-」である。研究助成を受けた学校が助成後もその取り組みをどのようにして発展させるかについて,いくつかのケースを比較検討して考察した結果をレポートする。

| | Comments (0)

2012.07.21

守口市教育情報化協議会にて

 先日,守口市教育センターで,同市の教育情報化研究協議会が催され,私も出席した(学識経験者として委員を拝命している)。同協議会には,いわゆる絆プロジェクトに参画している,橋波小学校と三郷小学校の学校長や研究推進リーダーも委員となっている。協議会では,両校の1学期の実践が報告された。両校ともに,昨年度までの取り組みを継続・発展させるべく,様々な努力を重ねていた。私は,それをさらに充実させるためのアイデアをいくつか披露した。11月には,両校の研究発表会が催される(12日に三郷小学校,30日に橋波小学校)。One to one computingや電子黒板の配備によるICT活用を見学したい方は,ぜひ参加なさるとよいであろう。

| | Comments (0)

2012.07.20

1年生が職員室までエスコートしてくれた

 本日も,教育実習校への挨拶のため,守口の小学校を訪問した。駅からは近いが門の場所が分からず,少し苦労した。さらに,なんとか入校した後も職員室の場所が分からず途方に暮れていたら,終業式を終えた1年生の子どもが,「○○ちゃんも行くから」と言って私を職員室までエスコートしてくれた。助かった。ありがとう。

| | Comments (0)

2012.07.19

今日もがんばって,教育実習校の訪問

 昨日,本日明日と,本学の学生の教育実習に協力してくださる守口や堺の小学校を訪問している。明日も,守口の小学校を訪れる。我が学生に教育実習の機会を提供してくださる学校に対して,精一杯御礼の言葉を述べた。それにしても,今日は,堺の3つの小学校の訪問のため,炎天下を歩き続けて,消耗した。大学キャンパスに戻って,着替える必要があるほど,汗だくになった。

| | Comments (0)

教師に関する研究のプロポーザルを発表

P1150644 前期に担当している学部の講義「教育学演習Ⅰ」は,今日が最終回。教師に関する研究の方法論(視点と調査方法等)を会得してもらうことを目標に据えている,この講義のゴールでは,,学生たちが,教師に関する研究のプロポーザルを作成し,発表する本日,5つのグループが,自分たちが定めた問題と研究目的に対して,研究方法を構想し,結果の予想を報告してくれた。いずれの発表も,よく練られていた。最後に,卒論作成に対するイメージが鮮明になったかをたずねたが,彼らは,卒論を作成する意義や難しさ,取り組みの留意点をよく吸収していた。

| | Comments (0)

2012.07.16

今日は,大会論文集原稿の点検で一日が終わる

 日本教育工学会第28回大会が9月15日~17日に長崎大学で催される。私も,参加し,発表する。英国での聞き取り調査をもとに,ICT活用の発展に影響を与える要因に関して,そのモデルを開発し,提案するものだ。共同研究者のチェックを受け,原稿がほぼ完成した。
 それで終わりではない。現役,そしてもとの大学院生も当該学会で発表するので,その内容・構成・表現等について,指導しなければならない。今日は,大会論文集原稿の点検で一日が終わりそうだ。

| | Comments (0)

2012.07.15

「附属平野小学長の語り」へ

 このブログのタイトルは,「授業研究と教師の成長-木原俊行の研究・教育に関するデジタルポートフォリオ-」である。今年度から,大阪教育大学附属平野小学校の学校長を拝命し,その役割を果たす中で気づいたこと等をこのブログに示してきたが,タイトルとは異なる内容の記事が少なくないので,別ブログを構築することにした。
 それは,「附属平野小学校長の語り」というページである。
 そのURLは,http://toshiyukikihara.cocolog-nifty.com/hirashou/だ。このブログの読者で,附属平野小学校の記事を楽しみにしておられた方は,これ以降,こちらのページにアクセスしていただきたい。

| | Comments (0)

2012.07.14

すごいね,二人の実践者の著作権教育

Jaet1207143 日本教育工学協会(JAET)の「教育の情報化」実践セミナー2012in横浜では,二人の実践者が著作権教育の模擬授業を実施してくれた。そして,それを題材にして,それぞれ,小学校・中学校における著作権教育の考え方,枠組み,留意点等を上手に語ってくれた。とりわけ,教科書教材と自作教材を組み合わせて,カリキュラムを構築している点は秀逸であった。

| | Comments (0)

「教育の情報化」実践セミナーの遭遇

Jaet1207144 日本教育工学協会(JAET)の「教育の情報化」実践セミナー2012in横浜の中盤では,参加者が企業展示に接近した。すべてのブースで,賛助会員の企業の方々と教師たちが豊かなコミュニケーションを繰り広げていた。

| | Comments (0)

協働型情報セキュリティ校内研修支援ソフト「リスク脳トレーニング」

 日本教育工学協会(JAET)の「教育の情報化」実践セミナー2012in横浜の実践事例報告の1つで,協働型情報セキュリティ校内研修支援ソフト「リスク脳トレーニング」が紹介された。教師たちが情報セキュリティを能動的に学ぶための仕組みを有した,よいコンテンツである。

| | Comments (0)

「教育の情報化」実践セミナーin横浜始まる

Jaet120714 本日13時から,横浜国立大学を会場にして,日本教育工学協会(JAET)の「教育の情報化」実践セミナーin横浜が催されている。これは,日本教育工学協会(JAET)が年3回実施している,教育の情報化に関する実践的セミナーである。今日のセミナーは,「著作権教育」をテーマに据えている。現在,堀田会長による基調講演,この後,実践事例報告,企業展示,そしてワークショップが用意されている。参加者は,事前申込だけで70名を超えている。実り多い会になりそうだ。

| | Comments (0)

2012.07.13

大阪市立長池小学校の学校評議員会

 本日,大阪市立長池小学校の学校評議員会に出席した。私がこの学校の学校評議員を拝命するようになって,もう7年目となる。本日,学校長から,校舎の改築が始まることが告げられた。私は,そのためのプロセスを学校評価の指標に位置づけるべきであると主張した。また,新校舎のデザインに,在校生,卒業生,保護者等のアイデアを部分的にでも採用できるとよいとアドバイスした。他の評議員も,私の意見に賛成してくださった。

| | Comments (0)

2012.07.12

今日も保護者の方のご協力で(その2)

P1010764 午後,PTAの6年生の学年委員会と給食衛生委員会の方々が,校内のトイレ掃除をしてくださった。雨の中,お運びいただき,感謝の気持ちでいっぱいである。私も,会議があるので一部だったが,お手伝いをした。

| | Comments (0)

今日の給食(7月12日)

P1010759 今日の給食は,写真のとおり。コッペパンに牛乳,夏野菜のパスタ,そして,たまねぎのスープである。パスタもスープもおいしくて,両方ともおかわりをした。

| | Comments (0)

今日も保護者の方のご協力で(その1)

P1010751 2時間目と3時間目の間の休憩(附属平野小学校ではフリータイムと呼ぶ)に,多目的教室で,PTAの方(「おはなしのへやサークル」)が,子どもたちに,クイズ大会の場を提供してくださっていた。クイズの一部は,道路などに設置してある標識が題材となっていた。今年度,学校が取り組んでいる,安全な登下校に関する指導へのサポートである。

| | Comments (0)

道徳の研究授業(1年生)

P1010711 2時間目に,道徳の研究授業が実施された。私も見学した。低学年の子どもたちに「友だちと仲良くし,助け合う」という価値に迫らせるために,よい資料と的確な発問等を準備された授業であった。それゆえ,子どもたちは,教材から得た思いをしっかりと綴っていた。

| | Comments (0)

『附小のひろば』第348号

P1010704 附属平野小学校が保護者向けに刊行しているニューズレター『附小のひろば』の第348号が刷り上がってきた。巻頭言として,拙稿「子どもの潜在的な力-1年生の遠足に同行して-」が載っている。また,特集として,登下校のあり方についての記事も用意された。いくつかの教科の実践研究の模様も分かりやすく紹介されている。ぜひお読みください。>>保護者の皆さま

| | Comments (0)

2012.07.11

学生が作る放送教育の実践プラン

P1350027 関西大学の非常勤講師として担当している講義「教育方法学」において,NHK学校放送番組小学校5年生理科『ふしぎがいっぱい(5年)』第7回「人のたんじょう」を活用した授業プランを学生に作成してもらっている。この番組を主メディアとする,メディアミックスの授業プラン(6時間+α)だ。同じ番組を用いるという条件の下だが,グループによって趣の異なるプランが作成されている。本日の講義では,その発表会の第一回目を催した。ワークシートなどを自作して,自身のプランの特徴を受講生たちはアピールしていた。

| | Comments (0)

『教育新潮』200号記念号に拙稿が載っている

P1350020 先日,大阪府公立小学校教育研究会が発行している『教育新潮』という雑誌の200号記念号が刊行の運びとなった。同研究会は,大阪府下の市町村の教育研究会の連合組織が刊行している機関誌である。記念の200号が刊行されるにあたって,「新しい時代を切り拓く教育」という特集テーマが組まれ,私も,拙稿を載せた。その構成は,以下のとおりである。

1.新しい時代にはどのような力が必要か
2.自尊感情を高めさせる
3.多様な体験や活動に従事させる
4.思考・判断・表現の機会を増やす
5.まとめに代えて-専門的な学習共同体としての学校,そのネットワーク化-
 なお,中学校の教育研究会の機関誌『中学のひろば』にも,やはり拙稿が載っている。

| | Comments (0)

2012.07.10

iPadで自己評価・相互評価を充実させる

P1010699 5年生の外国語活動では,「アイスグッジェ」(アイコンタクト,スマイル,グットボイス,ジェスチャーかな?)やあいづち表現に関してプラクティスを続け,その模様をiPadで撮影して分析する活動を繰り広げていた。自己評価・相互評価の充実に役立っていた。

| | Comments (0)

「においから思いついたことを絵に表そう」(4年図工)

P1010660 附属平野小学校では,今日は,図工,社会,外国語活動で,研究授業が行われていた。4年生の図工科の学習では,「においから思いついたことを絵に表そう」というめあての下,子どもたちが,香水(たぶん)をかいで,その「におい」を形や色等を工夫して,表現しようとしていた。作品ができたら,その絵に,最初にかいだ「におい」をつけるそうだ。
P1010665 6年生の社会科の授業では,鎌倉幕府の土地政策について,複数の資料を活用して,子どもたちが思考を巡らせていた。

| | Comments (0)

今日も,6年生の児童が校長室に

P1010622  今日も,6年生の児童が校長室にやって来た。2人がけのソファに5人で座ってみたり,先輩の卒業文集を見て自分たちのものを想像したりして,楽しく過ごしていた。

| | Comments (0)

今日は,「大阪白菜」をプレゼントしてもらった

P1010620 5年生のある子どもたちは,ダッシュ村で,伝統野菜を育てている。今日,彼らから,「大阪白菜」をプレゼントしてもらった。写真は,お昼休みの「贈呈式」の様子だ。

| | Comments (0)

ダッシュ村で,立派なカボチャがとれた!

P1010619 5年生の子どもたちが学校園=ダッシュ村で野菜を育てているのは,昨日も記事にしたとおりである。今日も,その成果を見せつけられた。写真のカボチャの出来映えにスタッフは皆,感心させられていた。

| | Comments (0)

今日の給食(7月10日)

P1010617 今日の給食は,写真のとおり。こくとうパンに牛乳,イワシの南蛮漬け,そして,カボチャのスープだった。校長室に遊びに来た児童は,「おいしかったあ」と給食を褒めていた。

| | Comments (0)

2012.07.09

今日も校長室にたくさんの児童が

P1010610 今日も校長室にたくさんの児童がやって来てくれた。まずは,5年生が,バケツ稲の種や育て方を書いたシートを届けに来てくれた。また,修学旅行で仲良くなった6年生3人とお話を楽しんだ。そして,やはり5年生が,なんと,私に(ダッシュ村でとれた)茄子を届けに来てくれた。大きさといい,形といい,色といい,立派な出来映えである。

| | Comments (0)

本日の給食(7月9日)

P1010607 本日の給食は,写真のとおり。あじさい丼(牛肉のそぼろや野菜入り),うすあげやキャベツ,タマネギ等のみそ汁,そして牛乳だ。私は,あじさい丼もみそ汁もおかわりした。

| | Comments (0)

第4回PTA実行委員会

P1010593 午前中,本年度の第4回PTA実行委員会が催された。学校の様子等を報告しつつ,学年委員会及びたてわり委員会の報告を拝聴して,参加者間で学校と保護者の連携や協力の在り方と具体的なアクションについて多面的に検討した。公私ともご多忙の中ご参集いただいた方々に厚く御礼申し上げます。

| | Comments (0)

ダッシュ村にやさいがたくさん実った

P1010591 5年生の子どもたちが校内のダッシュ村で,野菜を育てている。廊下である5年生に会ったら,彼は,写真のようなきゅうりを収穫できたことを告げてくれた。

| | Comments (0)

今日の一口英語

P1010590 附属平野小学校の廊下や教室の掲示に,「今日の一口英語」なるものがある。本日は,「ちょっとだけね,A Little.」であった。1年間,それを目にし続ければ,英語の語彙が増えるであろう。

| | Comments (0)

今日の全校朝会(7月9日)

P1010583 今日は,月曜日。青空の下,附属平野小学校では,全校朝会が催された。もちろん,学校長のお話がセッティングされる。今朝は,児童に対して,本格的な夏を迎えて,自分の体と対話しながら,暑さと上手につきあっていく必要性を語った。また,募集していた植樹園のネーミングが「きぼうの森」に決まったことを報告した。

| | Comments (0)

2012.07.08

今日も学会で研究発表

 今日も,中部大学を会場にして,第23回日本カリキュラム学会全国大会が催された。昨日の自由研究に続いて,課題研究Ⅲ「学校におけるカリキュラム改善の課題と展望」のセッションにおいて,研究発表を行った。タイトルは,「学校を基盤とするカリキュラム開発の理論的・実践的動向 ―『専門的な学習共同体』のネットワーク化からの示唆―」である。ここ数年,共同研究者とともに進めてきた,カリキュラム・リーダーシップ論に基づく諸研究が学校を基盤とするカリキュラム開発論の発展に理論的・実践的にどのように位置づくかを20分ほどで話した。
 その後の質疑応答の中で,私のカリキュラム研究は,教師のアイデンティティや力量形成の見地に立脚していることを再確認した。私にとっての「カリキュラム改善」は,カリキュラム開発に関する教師たちの学びの連続・発展,それによる創造的な授業づくりとその集積や体系化等を意味しているのだ。
 それにしても,学会における2日連続発表は,小学校等の教員にとっては,2日連続の研究発表会で授業を2つ公開し,2度の協議に臨んだことを意味するだろう。やはり,疲れた。

| | Comments (0)

2012.07.07

第23回カリキュラム学会で研究発表

 昨日,本日と中部大学を会場にして,第23回日本カリキュラム学会全国大会が催されている。本日,私たちも,自由研究発表Ⅰ-3において,「学校を基盤とするカリキュラム開発を推進するリーダー教師のためのハンドブックの評価-カリキュラム・リーダーシップの実践的展開に向けて-」というタイトルで,昨年度末に完成した,リーダー教師のためのハンドブックの総括的評価の結果,それを踏まえた,今後のカリキュラム開発に関するオンライン学習コミュニティへの展開について報告した。

| | Comments (0)

2012.07.06

七夕用献立

P1340977 出部小学校を含む,井原市の小中学校の本日の給食のメニューは,七夕用献立である。そうめんと笹だんごがそのシンボルだそうだ。それらに加えて,鰺のピリ辛焼き,キャベツとキュウリの即席あえ,そして,しそご飯に牛乳であった。

| | Comments (0)

言語活動の充実を目指して

P1340938 井原市立出部(いずえ)小学校は,「主体的に読み,目的に応じて自分の言葉で豊かに表現する子どもの育成~言語活動の充実を通して~」という研究主題を掲げ,実践研究を推進している。
 言語活動の充実は,言語環境の整備がその基盤となる。出部小学校の教師たちは,この点に繊細である。教室にも,廊下や階段にも,言語活動の題材,そのモデル(ノートや作品),その規準などが適切に掲示(展示)されている。

| | Comments (0)

2012.07.05

教師に関する研究のプロポーザルを作成

P1150599 前期に担当している学部の講義「教育学演習Ⅰ」では,教師に関する研究の方法論(視点と調査方法等)を会得してもらうことを目標に据えている。そのゴールは,,学生たちが,教師に関する研究のプロポーザルを作成し,発表するというものだ。本日,研究のテーマ別グループが定まり,「問題の所在」等についての吟味が始まった。

| | Comments (0)

上級航空管制官特別研修(航空保安大学校にて)

P1340907 りんくうタウン駅近くの航空保安大学校で,「上級航空管制官特別研修」の講師を務めた。各空港等で,講義を担当したり,その全体像をマネージメントしたりする立場の6名に対して,講義等のデザイン,訓練マネージメントの工夫について考えてもらった。いずれも熱心な方たちなので,400分の研修時間が,あっという間に過ぎていく。しかし,その後,天王寺に戻り,講義,そして修論ゼミ。長い1日だ。

| | Comments (0)

3年生が校長室にやって来た

P1010576 昨日,3年生2名が昼休みに校長室を訪問してくれた。先日やって来た4名のうちの2名である。いろいろとお話をしたり,附小のマスコット人形の名前を考えたりして,楽しい時を過ごした。

| | Comments (0)

2012.07.04

今日の給食(7月4日)

P1010573 今日の給食は,写真のとおり。黒糖パンに牛乳,じゃがいものスープに,マーボなすだ。じゃがいものスープをおかわりした今日の検食は,教務主任に任せた。

| | Comments (0)

プールでも,学び合い

P1010565 4年生の子どもたちは,けのびやクロールの様子について,互いにコメントしあっていた。プールでも,教え合い,学び合いが繰り広げられていた。

| | Comments (0)

プール学習にもってこいの天気

P1010561 今日は,プール学習にもってこいの天気である。3時間目に,4年1組2組の子どもたちがプール学習に取り組んでいた。てきぱきと指導する教員に促されて,水泳のスキルを磨いていた。

| | Comments (0)

亀の日向ぼっこ

P1010548 スタッフが,職員室前の「亀池」のそうじに取りかかっていた。亀たちは,水が少なくなった池で,しかし気持ちよさそうに,日向ぼっこをしていた。

| | Comments (0)

今日も気持ちよく登校だ

P1010543 今朝の子どもたちの登校の様子である。今朝は,梅雨の時期にもかかわらず,よく晴れてくれた。子どもたちも,気持ちよく,登校していた。
 ところで,毎週水曜日朝に私が担当している登校指導(安全確保等)も2ヶ月を越えた。附中高生も含めて,子どもたちは,私が立って,挨拶をしたり,あれこれ指示をしたり(例えば,もっと右に寄りましょう)するのにも,慣れてくれたと思う。

| | Comments (0)

附小のマスコット人形が返ってきた

P1010540 クリーニング等に出かけていた(?),附小のマスコット人形が校長室に返ってきた(冬服バージョン,夏服バージョンとも)。校長室に遊びに来た児童や通りがかった教諭と名前を考えてみた。すると,「学(まなぶ)くん」と「愛子(あいこ)ちゃん」という候補が浮上してきた。本校の研究テーマの中核を担う「学び合い」に呼応させてものだ。とりあえず,これを候補として,スタッフやPTAの方々に諮ってみよう。

| | Comments (0)

自らの実践史を振り返る

P1150590 私が大学院で前期に担当している科目「教師発達学」では,教師の授業力量に関する理論を学び,その事例を検討し,それらを参考にして,受講生たる現職教員たちが自らの授業力量形成史を整理・分析し,考察し,相互に批評し合う。そして,自らの授業力量形成プランを構想し,それを仲間と相互評価する。本日は,課題となっていた授業力量形成史をグループで交流し,自らのものの特徴を再認識してもらった。

| | Comments (0)

2012.07.03

考える力」の育成に取り組む

P1340895 尼崎市立潮小学校は,「自ら学び,考える力をつける学習指導の工夫」を研究テーマに据えて,校内研修を企画・運営している。今年度から,3年計画で,考える力を育むためのプロジェクト学習の実施に取り組むそうだ。教師たちは,そのための授業研究会の企画・運営についても,いろいろと工夫している。例えば,ある日の授業研究会では,5時間目に,同時並行で,第2学年の国語の指導計画のうち,1組が5時間目を,2組が6時間目を研究授業を実施した。それゆえ,協議では,5時間目と6時間目の指導を比較検討しながら,「考える力の育成」について多面的に吟味できた。

| | Comments (0)

2012.07.02

5年生も臨海学舎から戻ってきた!

P1010539 15時過ぎに,2泊3日の臨海学舎を終えた5年生も,学校に戻ってきた。みんな元気そうだ。心配された天気もまずまずだったようで,振り返りの様子から,彼らが貴重な学習経験を積んだことがよく分かった。

| | Comments (0)

今日の給食(7月2日)

P1010533 今日の給食は,写真のとおり。食パンに牛乳,鰺のムニエル(カレーソース味),そして,とうがんのスープであった。とうがんのスープがコクがあっておいしかった。
 副校長が臨海学舎に同行しているので,なんと,私が,初めて検食を担当することとなった(検食記念日)。

| | Comments (0)

夏休みのチャレンジ

P1340835 事務室前の掲示板が,「やってみよう 夏休みチャレンジ」というものになった。スタッフが,夏休みとその前後に実施される様々なコンクール等の内容や作品等の提出締め切りをまとめたものだ(やがて,お便りでもお知らせするそうだ)。
 子どもたちは,本校の教員の指導によって学力等を高めている。その成果を,このような学校外組織が催すコンクール等によって,ぜひ確かめてもらいたい。

| | Comments (0)

見学者もしっかり考えて,書いていた

P1010530 3年生のプール学習時に,体調がよくないために,見学をしていた子どもたちが数名いた。しかし,彼らは,陸上から,子どもたちの動きをしっかりとらえて,ワークシートに気づきを記していた。立派である。

| | Comments (0)

今日のプール学習

P1010523 本日は,4年生は自然教室の代休,5年生は臨海学舎3日目で,不在である。しかし,残った子どもたちは,元気に登校し,しっかり学んでいる。3年生の子どもたちのプール学習に,陸上監視役で出向いた。よい天気の下,子どもたちは,体の使い方を工夫していた。

| | Comments (0)

2012.07.01

学会発表の準備にいそしむ

 我々学者にとって,学会発表は,小中学校の教員の研究授業と同じである。毎年,少なくとも1回はトライしないといけない。私は,平均して,年に3回以上やっている。今年度は,日本教育工学会,日本カリキュラム学会,日本教師教育学会,そして日本教育方法学会で計5回発表することになろう(1つは,ラウンドデーブルへの登壇)。7月7・8日は,日本カリキュラム学会の第23回全国大会が催され,両日とも,発表がある。7日は,学校を基盤とするカリキュラム開発を推進するリーダー向けのハンドブックの開発と評価に関するものだ(自由研究発表)。8日は,カリキュラムの改善に関する課題研究発表セッションにおいて,専門的な学習共同体のネットワーク化に関して提案する。
 17日は,日本教育工学会の第28回全国大会(9月15~17日)の発表申込=発表論文集の原稿ファイル提出の締め切り日だ。本日,天王寺キャンパスの我が研究室にて,研究プロジェクトの仲間と,その内容や構成に関する打ち合わせ会を実施した(日英交流学習に関するミーティングのサポートをしながら)。発表のタイトルは,「ICT活用の発展に影響を及ぼす要因の具体的検討-英国の教師たちの実践史の分析を通じて-」となりそうだ。2月に渡英してICT活用に関するインタビューを実施した結果を考察し,その発展モデルを描く予定だ。
 31日は,日本教師教育学会第22回研究大会(9月8・9日)の発表要旨集の原稿提出締め切り日となっている。今月は,学会発表の各種準備に奔走することになろう。

| | Comments (0)

« June 2012 | Main | August 2012 »