« 学級経営と授業づくりのよい関係 | Main | 来週は,集中講義(年次休暇で) »

2012.08.14

日本教育工学会第28回全国大会で研究発表

 日本教育工学会の第28回全国大会が,2012年9月15日(土)~17日(月)に,長崎大学(文教キャンパス)を会場にして催される。私も,第3日目の一般研究発表4「教科指導におけるICT活用(3)」で発表する。そのタイトル等は以下のとおりである。

ICT活用の発展に影響を及ぼす要因の具体的検討~英国の教師たちの実践史の分析を通じて~
○木原 俊行 [大阪教育大学], 野中 陽一 [横浜国立大学], 堀田 龍也 [玉川大学], 高橋 純 [富山大学], 豊田 充崇 [和歌山大学], 岸 磨貴子 [京都外国語大学]

発表の概要は,以下のとおりである。
「実践レベルでのICT活用の発展モデルを開発するために,筆者らは,英国の3人の教師に「ICT活用に関する熱意」曲線を描いてもらい,それに影響を及ぼす事象を語ってもらった。3者の曲線の共通性や個々の独自性を明らかにした後,それらをもたらす要因に関して,政治(社会)要因,個人要因,環境要因が,ICTの使いやすさとICT活用の効果の実感に影響を及ぼすという関係性を同定し,その構造をモデル化した。」

|

« 学級経営と授業づくりのよい関係 | Main | 来週は,集中講義(年次休暇で) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学級経営と授業づくりのよい関係 | Main | 来週は,集中講義(年次休暇で) »