« August 2012 | Main | October 2012 »

2012.09.29

JAETの「教育の情報化」実践セミナーが仙台で

 日本教育工学協会(JAET)は年間3回「教育の情報化」実践セミナーを催している。これは,教員と企業が教育の情報化に資するアイデアや実践を共有することを目指す集いである。
 次回は,12月1日(10:00~16:00)に,TKP仙台カンファレンスセンターホールにて,「未来の教室がやってくる in 仙台」というテーマで開催される。仙台は,次年度の全国大会開催地である。セミナーも,きっと盛り上がりを見せるであろう。私も,教育の情報化実践セミナーの担当副会長として,もちろん,参加する。

| | Comments (0)

2012.09.28

我が国の伝統文化を学ぶ

P1360233 堺市の小学校で,写真のような掲示物に遭遇した。最近,古典や慣用句等に子どもたちがふれる学習環境を構成する指導者が増えている。やはり,新しい学習指導要領の趣旨(の1つ)が浸透してきたのであろう。

| | Comments (0)

2012.09.27

教育実習生がデジタル教材を上手に活用して

P1360291 今日も,教育実習生の授業を見学し,アドバイスを送るために,堺市の小学校に出かけた(2校)。午後に訪問した学校では,卒論ゼミ生が5年生の外国語活動の授業を展開していた。色や形や数に関する表現を活用させるために,Tシャツのデザインに関するアクティビティを上手に導入していた。そして,そのための教材として,デジタル教材(Hello! Friends)を駆使していた。それは,学習モデルとしても,ペースメーカーとしても,授業の成立と充実に資するものであった。

| | Comments (0)

卒論ゼミ生とOBが同じ学校で時間を共にして

P1360175 大阪市立阿倍野小学校には,昨春大学を卒業した,私が卒論指導を担当したゼミOBが初任教師として勤務している。そして,この学校で,今年度の卒論ゼミ生の1人が現在教育実習を行っている。本日の教育実習の研究授業を卒論ゼミOB,つまり当該実習生の先輩は,まるで自分のことのように見守っていた。卒論ゼミ生とOBが同じ学校で時間を共にして切磋琢磨する姿を見るのは,とても誇らしい。
 ちなみに,もと卒論ゼミOBの教室も訪ねてみた。子どもたちに,大人気であった。私も,「先生の先生」ということで大歓迎を受けた。

| | Comments (0)

2012.09.26

教育実習生を協力校の先生方が熱心に指導してくださって

P1360119 今日,大阪市立滝川小学校と大阪市立阿倍野小学校に出かけた。両校とも,私の卒論ゼミ生が教育実習を行っているからだ。彼らの授業を見学し,コメントさせてもらうために,訪問させていただいた。いずれの学校の先生方も,実習生を熱心に指導してくださっていた。研究授業の場合も,それに向けた準備の授業の場合も,たくさんの先生方が実習生の指導を見に来てくださる。そして,積極的な観察に基づいて多面的にアドバイスを送ってくださる。まるで,同僚の授業づくりに関わるがごとく--。そうしたスタンスやアクションに,衷心より御礼申し上げる。

| | Comments (0)

2012.09.25

2学期の放送教育実践の形成的評価(第114回なにわ放送教育研究会)

P1150973 今夜,我が研究室でで第114回なにわ放送教育研究会が催された。今回は,2人の実践者が2学期の放送教育実践の構想や実践の途中経過を報告した。1人は『どきどきこどもふどき』,もう1人は『伝える極意』である。
 前者は,第20回の「知ってる?土地に伝わるふしぎな話」を総合的な学習の時間の導入に用いて,子どもたちが地域の民話の探究を繰り広げるプランを作成し,実践をスタートさせる。我が国の伝統・文化を尊重する新しい学習指導要領の趣旨を踏まえた,そして探究のサイクルが繰り返される,よいプランだ。

| | Comments (0)

2012.09.24

第38回全日本教育工学研究協議会全国大会(金沢大会)

 本日,溜池山王で,日本教育工学協会(JAET)の常任理事会が催され,私も出席した。今回は,11月に金沢で開催される「第38回 全日本教育工学研究協議会全国大会」のプログラム等について共通理解を図った。私も,第1日目のシンポジウムⅠ「授業設計の今日的課題」に登壇する。
 同全国大会の参加申込は,10月10日までである。早めに申し込みましょう。

| | Comments (0)

2012.09.22

初めての運動会(管理職として)

Dsc_0072 22日,我が大阪教育大学附属平野小学校は,運動会の日であった。幸い,好天に恵まれ,プログラムは順調に進んでいった。小学校では運動会をなんのためにおこなうのか,そのためにどのような準備をして,いかにして実施するのかについて,たくさん学んだ3週間であった。写真は,開会式で児童の誓いの言葉を拝聴している様子である。

| | Comments (0)

2012.09.20

子どもは電子黒板を上手に使う

P1360052 広島県神石郡神石高原町に位置する油木中学校を再訪した。同校は,神石高原町の他の学校とともに,思考力・判断力・表現力の育成を標榜し,その術として,ICT活用を試みている。
 3年生の数学,1年生の理科の授業を見学した。前者では,子どもたちが発表の際に,(ほとんど使用経験がないにも関わらず)電子黒板を上手に使いこなしている姿を見て,感心させられた。
 事後協議会では,神石高原町内の小中学校の担当者が集って,油木中学校の校内研修と町教委の行政研修のコラボレーションが実現していた。

| | Comments (0)

中学校の給食

P1360019 先日から,中学校で給食を食べる機会が続いている。今日は,写真のようなメニューだ。当然,附属小学校の給食に比べて,ボリュームがある。ある中学校で給食を食べた時に,学校長が「1食1000カロリーもあって,まともに食べていたら,どんどん太ってしまう」とこぼしていた。

| | Comments (0)

2012.09.18

総合的な学習の時間の全体計画が整っている

P1350919 岡山市立政田小学校の教師たちは,今年度から,「進んで人とかかわり合いながら生き生きと学ぶ子どもの育成~互いの思いや考えを出し合う場の指導法の工夫~という研究主題を設定して,総合的な学習や生活科のカリキュラム開発に取り組んでいる。いわゆる探究的な学習を実現すべく,課題の設定や他者との共同などを特徴とする実践を創造している。4年生の授業を見学したが,指導者が子どもたちと人材をていねいに出会わせていることに感心させられた。また,総合的な学習の時間の目標や内容,活動等に関して,学校としての全体計画が整っていた。

| | Comments (0)

2012.09.17

日本教育工学会第28回全国大会で研究発表するはずが--

 日本教育工学会の第28回全国大会が,2012年9月15日(土)から,長崎大学(文教キャンパス)を会場にして催された。私も,第3日目の17日の一般研究発表4「教科指導におけるICT活用(3)」で「ICT活用の発展に影響を及ぼす要因の具体的検討~英国の教師たちの実践史の分析を通じて~」というタイトルで,横浜国立大学の野中先生をヘッドとする共同研究プロジェクトの成果の一端を報告する予定であった。
 しかしながら,あいにく長崎市は,昨夕から1日近く暴風警報下にあった。17日午前中には,長崎駅が冠水するといった事態も生じた。学会は,3日目の研究発表等の中止を決定し,私たちの発表は,あえなく「幻の発表」となった(もちろん,論文集に原稿を提出しているので,学会としてはそれをもって発表を公式に認めているが)。

| | Comments (0)

2012.09.16

教育実習生が休日にもかかわらず--

P1020299 15日の土曜日,附属平野小学校に,教育実習生の有志が集まって,自主的に実習のふり返り(ビデオによる研究授業の記録のカンファレンス等)をおこなっていた。よい姿勢だ。あと2週間,がんばって!

| | Comments (0)

2012.09.15

教育実習の経験を大切に

P1350841 附属平野小学校に柏原キャンパスの実習生がやってきている間,私が天王寺キャンパスで卒論等を担当している学生は,公立小学校で教育実習をおこなっている。先日から,そうした学校を訪れ,研究授業などを見学している。写真は,守口の小学校の1年生の算数の研究授業をおこなっている学生の様子だ。彼は,実習期間中,子どもとの関係や授業づくり等に真摯な姿勢で取り組み,学校からもそのような評価を得ていた。
 教育実習は,貴重な臨床の舞台だ。それにどのような姿勢で臨むか--それは,当該学生の教師としての生き様に関わると言っても過言ではなかろう。

| | Comments (0)

2012.09.13

体育の授業で言語活動の充実を図る

P1350703 三重県伊賀市の柘植中学校に出かけた(通算5度目)。この学校は,昨年度から,「言語活動を意識した授業をどのように進めるか」をテーマに据えて,授業研究を重ねている。全員が研究授業を構想して,公開する。この日,教師たちは,3時間目1年体育,4時間目2年数学,5時間目3年社会の授業を見学し,放課後,それらに関する協議を催した。
 体育の授業では,子どもたちが,バレーボールのゲームの様子を撮影した動画を触球数等を視点として分析し,その結果を踏まえて,課題を克服するための練習計画を策定するという,デザインがよく練られた授業が公開された。

| | Comments (0)

中学校の給食

P1350783 三重県伊賀市の中学校は,給食制度を採用している。私も食べさせていただいたが,やはり,小学校に比べて,量が豊富だ。写真は,ある日のメニューである。

| | Comments (0)

2012.09.10

教育実習も書くことで充実する

P1020185 9月3日から,我が附属小学校でも,教育実習が始まった。柏原キャンパスの学生が40数名やって来て,教師に求められる実践的な力量を高めている。オリエンテーションの日に,校長講話が設定された。私は,教育実習の意義や取り組み方の基本,実習中のルール等を語ったが,その中で,記録を残す=実習の様子を書き記すこと,それを活用して省察を仲間と共に繰り広げることの重要性を強調した。実習生たちは,それをきちんと受け止めてくれた。写真のような姿が増えている。

| | Comments (0)

2012.09.09

日本教師教育学会第22回研究大会での発表終わる

 9月8,9日と,東洋大学を会場にして,日本教師教育学会第22回研究大会が催された。私は,共同研究者とともに,9日の午前中の第15分科会の3番目に「学校における実践研究の発展の状況や要因に関する比較検討-『専門的な学習共同体』の発展に関する理論を用いて-」というタイトルで発表した。質疑応答タイム,全体討論を通じて,非常にたくさんの方から質問や意見を頂戴した。校長のリーダーシップのとらえ方,研究対象の定め方,データ収集の方法などについて,私たちの研究を改善・発展させるための視座を得られた。大学院入試と日程が重なったため,やや無理なスケジュールの学会参加・発表となったが,その労に見合うものが得られた。

| | Comments (0)

2012.09.08

タブレット型PCの活用等に関する研究発表会(守口市立橋波小学校)

 昨日,守口市立橋波小学校に出かけた。この小学校では,総務省のいわゆる「絆プロジェクト」で4年生以上の子ども全員にタブレット型PCが提供されている。また,パナソニック教育財団の平成23・24年度の実践研究助成校(特別研究指定校)でもある。
 同校は,タブレット型を含むICT活用に関して,11月30日(金)午後,研究発表会を催す。昨日は,同日公開される5つの授業の指導案検討会を行った。研究発表会では,総合,図工,理科,外国語活動の授業公開の他,その他の教科の授業研究の成果を報告するポスターセッションも催される。また,私や兵庫教育大学の永田氏等が登壇するパネルディスカッションも設定される。この研究発表会に参加すれば,ICT活用に関するアイデアが数多く得られるであろう。

| | Comments (0)

2012.09.04

学校における実践研究の発展と学校のリーダーシップ

 本日,夕方から,ある研究プロジェクトのミーティングを我が研究室で催した。それは,学校における実践研究の発展に関する比較研究だ。3つの学校を対象として,その複数年にわたる実践研究の状況とそれを促進する要因を調べている。そして,そのデータを3校間で比較している。
 3校ともに,学校長が実践研究の推進に強力なリーダーシップを発揮している。それが,その発展の駆動力となっている部分と,(分散型リーダーシップやグループ・アイデンティティの形成を難しくするので)逆にブレーキになっている部分がある。それらを共通理解,再確認したミーティングとなった。

| | Comments (0)

2012.09.02

カリキュラム研究に関する英語論文との格闘

 本日は,カリキュラムに関する勉強会を催した。参加者それぞれがカリキュラム研究に関する英語論文をピックアップして,その内容を整理して発表した。それぞれについて,疑問点や参考になる点を参加者間で意見交換した。カリキュラム研究とカリキュラム実践の乖離,カリキュラム等を扱う教育社会学や教育経営学の研究的独自性,カリキュラムに関する記述研究の方法論等,論点は多岐にわたった。
 帰宅すると,今度は,カリキュラム・リーダーシップに関する研究の英語論文の執筆。英語論文と格闘した1日であった(というか,まだそれが続いている)。

| | Comments (0)

2012.09.01

卒論ゼミ再開

P1150952 本日は朝からずっと,卒論ゼミを催した。全員,7月から8月にかけて,教員採用試験を受験していた。それゆえに,7,8月は個別に相談や対応にはあたっていたものの,全員集合してゼミを実施するのは,2ヶ月ぶりであった。
 それぞれ,ここまでにデータを収集分析した過程や成果,今後の計画,章立てなどを報告した。そして,互いにアドバイスを送り合った。私も,研究の方法論や論文化の視点と方法について,指示をしたり,解説したりした。
 お昼ご飯は,ピザ・パーティー。彼らは,ピザ2つ(L),サラダ2皿,チキンとポテトのセットを2パック,そして,アイスクリーム7つをぺろりとたいらげた(一人お昼からの参加になったので,私も入れて6人で!)。

| | Comments (0)

« August 2012 | Main | October 2012 »