« 「教育実践研究の持続可能性」に関する公開シンポジウム(日本教育方法学会第48回大会) | Main | 子どもの学びを支え,促す掲示の工夫 »

2012.10.07

大学研究者は授業研究にどのように関わっているのか(3)(日本教育方法学会第48回大会ラウンドテーブル)

 昨日,本日と,福井大学文京キャンパスで,日本教育方法学会第48回研究大会が開催された。私は,午前中の自由研究分科会13の司会,理事会に続いて課題研究Ⅳに参加した。
P1360464 そして,最後のセッションのラウンドテーブル②「大学研究者は授業研究にどのように関わっているのか(3)」に登壇した。藤本氏(慶應義塾大学)の司会進行の下,鹿毛氏(慶應義塾大学),秋田氏(東京大学),小林氏(早稲田大学),田上氏(九州大学),そして私が,主として授業研究会における事後協議会で何をどのように考えていかなるアクションを起こしているかを語った。そして,大学研究者と学校現場の実践家との間に築く,真の共同のあり方について意見交換した。

|

« 「教育実践研究の持続可能性」に関する公開シンポジウム(日本教育方法学会第48回大会) | Main | 子どもの学びを支え,促す掲示の工夫 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「教育実践研究の持続可能性」に関する公開シンポジウム(日本教育方法学会第48回大会) | Main | 子どもの学びを支え,促す掲示の工夫 »