« 北海道の放送・視聴覚教育が熱を帯びている | Main | 活用型授業のためのよき教材に出会った »

2012.10.26

言語活動の充実を目指した実践研究の成果

P1360998 井原市立出部(いずえ)小学校が公開授業研究会(研究発表会)を催した。同校は,2年間,岡山県学力向上実践校事業の指定を受けて,「主体的に読み,目的に応じて自分の言葉で豊かに表現する子どもの育成~言語活動の充実を通して~」という研究主題を掲げ,実践研究を推進してきた。
 全クラスが授業を公開した。1学年2クラスで編成されているが,どの学年も,同じ題材の異なる指導場面(習得場面,活用場面)をそれぞれのクラスが担当した。単元を貫く言語活動(ある種の学習プロジェクト)を設定した上で,習得のためにも活用のためにも,1単位時間で重視する言語活動が計画・実施された。言語環境の整備も含めて,学校として組織的に研究主題に迫った成果は,子どもたちの「書く」スピードの速さ,その量と質の充実に結実していた。

|

« 北海道の放送・視聴覚教育が熱を帯びている | Main | 活用型授業のためのよき教材に出会った »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 北海道の放送・視聴覚教育が熱を帯びている | Main | 活用型授業のためのよき教材に出会った »