« 子どもの学びを支え,促す掲示の工夫 | Main | 教員採用試験で残念な結果になっても »

2012.10.11

学校における実践研究に複数の研究者が関わる際に

 本日,東京で,ある研究者に,インタビューを実施した。彼は,ある研究助成を受けた小学校に複数年,指導者として派遣された。しかし,その学校には,別の研究者も関わりを有していた。そのような状況で,どのようなスタンスでいかなるアクションを繰り広げたのか,それが当該学校の実践研究の継続・発展に寄与したのか--それらについて詳細を聞き取った。
 私も,二十年以上に及んで,小中学校における実践研究をサポートしてきた。その中には,インタビューに応じてくれた研究者と同様に,他の研究者と共同でサポートを繰り広げたケースもある。自分の場合を鏡にしながら,学校における実践研究に複数の研究者が関わる際の可能性と課題,留意点等について考えた。

|

« 子どもの学びを支え,促す掲示の工夫 | Main | 教員採用試験で残念な結果になっても »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 子どもの学びを支え,促す掲示の工夫 | Main | 教員採用試験で残念な結果になっても »