« 放送教育の歴史について学ぶ | Main | 附属平野学校園の共同研究発表会近づく »

2012.10.19

研究主任が研究授業に率先して取り組む

 津市立南が丘小学校に出かけた。7月に,津市教育委員会が主催する研修会で講師を務めたが,その時の会場が同校であった。学校長や研究主任と「機会があったら,授業研究会に参加できるといいですね」と言って別れたのだが,その後,実際にお誘いがあり,今日の授業研究会を迎えることとなった。年度当初には予定されていなかった授業研究会のため,開催のためには行事等の日を変えなければならかったのに,学校は,その壁を克服してくださったようである。
P1360651 研究授業は,研究主任自らが実施した(1学期に既に研究授業の実施を担当していたにも関わらず)。同校の研究テーマである「仲間と共に考え,積極的にコミュニケーションを図る子どもの育成」に即して,ていねいに授業過程を構成し,また,授業中も子どもたちの考え,その表明を上手に引き出していた。
 私は,研究授業の特長を整理しつつ,同校のスタッフへのアドバイスとして,評価計画を伴った単元指導計画の必要性,「書く活動」の重要性等を同校の研究テーマに即して語った。

|

« 放送教育の歴史について学ぶ | Main | 附属平野学校園の共同研究発表会近づく »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 放送教育の歴史について学ぶ | Main | 附属平野学校園の共同研究発表会近づく »