« 大学研究者は授業研究にどのように関わっているのか(3)(日本教育方法学会第48回大会ラウンドテーブル) | Main | 学校における実践研究に複数の研究者が関わる際に »

2012.10.09

子どもの学びを支え,促す掲示の工夫

P1020765 私が,学校長を拝命している大阪教育大学附属平野小学校は,学ぶ文化が顕在的にも,そして潜在的にも成熟している。後者は,例えば,掲示物に代表される。各クラスでは,教科ノートのすぐれた事例が紹介されている。また,英語の表現が日めくり形式で示されている等々,そのための仕掛けは枚挙に暇がない。
 校長室の前の掲示も,適切なタイミングで変えられている。先週までは,運動会に向けた呼びかけであった。それが,今週は,校内の自然をモチーフにした俳句作品になった。それが機能していることは,こうした掲示物の前で足を止める子どもたちの数,それを眺めた子どもたちの対話の質に明らかであろう。

|

« 大学研究者は授業研究にどのように関わっているのか(3)(日本教育方法学会第48回大会ラウンドテーブル) | Main | 学校における実践研究に複数の研究者が関わる際に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大学研究者は授業研究にどのように関わっているのか(3)(日本教育方法学会第48回大会ラウンドテーブル) | Main | 学校における実践研究に複数の研究者が関わる際に »