« 教員と子どものコラボレーションによる板書 | Main | 高校の教員も授業改善に励む »

2012.10.02

学校研究に関するコンサルテーションの理法と技法を獲得するためのプロジェクト

 本日から,後期の講義が始まった。大学院の講義は,「教職ファシリィテーター論」と「教育プロジェクト研究」である。今日からスタートした「教育プロジェクト研究」では,受講生が,ある小学校の研究主任の(研究推進上の)悩みを聞き,その解決に資するプラン(平成24年度の当該学校の研究計画等)をその研究主任に提案する。彼らは,いわば,学校研究に関するコンサルテーションの理法と技法を獲得するためのプロジェクトに従事するのだ。ウォーミングアップたるプチプロジェクト=『学校における実践研究を充実させるために』の改訂プロジェクトも含めて,全体は,次のような構成になっている。
10月2日(第1回):講義内容・方法に関するオリエンテーション
10月9日(第2回):『学校における実践研究を充実させるために』の【問題】等の検討
10月23日(第3回):『学校における実践研究を充実させるために』の【問題】等の作成
10月30日(第4回):『学校における実践研究を充実させるために』の【問題】等の提案・相互評価
11月6日(第5回):対象校の研究主任による学校及び校内研修・研究の概要説明
11月13日(第6回):対象校の校内研修・研究の年間計画の分析
11月20日(第7回):対象校の授業研究会(研究授業,事後協議会)の分析1
11月27日(第8回):対象校の授業研究会(研究授業,事後協議会)の分析2
12月4日(第9回):対象校の授業研究会(事後協議会)の分析3
12月11日(第10回):対象校の校内研修・研究の総合評価
12月18日(第11回):対象校の次年度の校内研修・研究計画の策定1
1月8日(第12回):対象校の次年度の校内研修・研究計画の策定2
1月15日(第13回):対象校の次年度の校内研修・研究計画の策定3(グループレポート作成)
1月29日(第14回):対象校の次年度の校内研修・研究計画の報告・相互批評
2月5日(第15回):予備

|

« 教員と子どものコラボレーションによる板書 | Main | 高校の教員も授業改善に励む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教員と子どものコラボレーションによる板書 | Main | 高校の教員も授業改善に励む »