« 研究的実践を継続させる | Main | 中学校で授業研究の実施方法を工夫する »

2012.12.01

「教育の情報化」実践セミナー「未来の教室がやってくる in 仙台」

1212011 JAETと情報活用型授業を深める会による「教育の情報化」実践セミナー「未来の教室がやってくる in 仙台」では,セッション1「未来の授業ってどんな授業?」に発表4件,セッション2「未来の学校をイメージしてみよう」に発表4件が用意され,ICT活用や情報教育,ICT環境の整備について,多面的に議論できた。
 そもそも参加者が150名ほど。これは,JAETの「教育の情報化」実践セミナーでは,新記録であろう。仙台,宮城の「教育の情報化」の盛り上がりを物語るものであろう。さすがに,来年,全日本教育工学研究協議会の全国大会を催すだけのことはある。この調子で,実践を発展させて,本大会を成功裡に終えられることは間違いあるまい。

|

« 研究的実践を継続させる | Main | 中学校で授業研究の実施方法を工夫する »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 研究的実践を継続させる | Main | 中学校で授業研究の実施方法を工夫する »