« カリキュラムに関する研究論文の輪読会 | Main | 恒例のM1とM2の合同ゼミ »

2012.12.18

目標に準拠した評価の推進

 本日,ある市の教育委員会を訪問し,「調査書への『絶対評価』導入に係る評価のあり方検討会議」に学識経験者として出席した。大阪府公立高等学校入学者選抜における調査書に記載される評定が相対評価から絶対評価に変更されることから,中学校における学習評価の妥当性・信頼性を高める必要が増している。それに応じるために,同教育委員会では参考資料を作成することにした。本日は,教育委員会スタッフや中学校長,そして私が「目標に準拠した評価」の実態等について幅広く意見を交換した。

|

« カリキュラムに関する研究論文の輪読会 | Main | 恒例のM1とM2の合同ゼミ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« カリキュラムに関する研究論文の輪読会 | Main | 恒例のM1とM2の合同ゼミ »