« FDでシラバスの活用について考える | Main | 目標に準拠した評価の推進 »

2012.12.16

カリキュラムに関する研究論文の輪読会

 今日は,2ヶ月に1回のペースで催している,カリキュラムに関する研究論文の輪読会であった。私は,Journal of Curriculum Studiesの最新号の論文を紹介した。それは,数学教育における,教師の知識,教材,授業の質の連関に関する事例分析,その比較検討に関するものであった。
 それにしても,今日は,たった3人の寂しい研究会となった。でも,別の会議に出席する方,病欠の方がいらっしゃったからだ。でも,地道な努力は大切だということで,3人で仲良く(?)がんばった。

|

« FDでシラバスの活用について考える | Main | 目標に準拠した評価の推進 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« FDでシラバスの活用について考える | Main | 目標に準拠した評価の推進 »