« 「教育の情報化」実践セミナーin和歌山 | Main | 1年間の研修をデジタルストーリーテリングで振りかえる »

2013.02.23

和歌山大学教育学部附属小学校の教員たちの研究文化

 本日のJAETの「教育の情報化」実践セミナーの会場は,和歌山大学教育学部附属小学校であった。同校の教師たちはたくさん,セミナーで学んでいた。同校の研究テーマは,「学びをデザインする子どもたち~3つの対話の充実によって~」である。いわゆる,「学びの共同体」に関して,実践研究を継続・発展させている。同校の教師たちは,もちろん,学びの共同体の構築の過程に,ICT活用を位置づけてはいるが,本日のセミナーの内容であったデジタル教科書が研究の主柱ではあるまい。にもかかわらず,体験ワークなどに熱い眼差しを注いでいた。その姿に,同校の教師たちの研究に対する熱意や貪欲さ,研究コミュニティとしての附属小学校の文化を感じた。

|

« 「教育の情報化」実践セミナーin和歌山 | Main | 1年間の研修をデジタルストーリーテリングで振りかえる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「教育の情報化」実践セミナーin和歌山 | Main | 1年間の研修をデジタルストーリーテリングで振りかえる »