« 全米教育大学協会の年次大会でしっかり学ぶ | Main | 全米教育大学協会の年次大会で得たもの »

2013.03.02

全米教育大学協会の年次大会のセッションでがんばる

 AACTE(The American Association of Colleges for Teacher Education,全米教育大学協会)の2日目,午前中は,教員養成や現職教育のための学習環境についてのプレゼンテーションを拝聴した。午後は,アメリカの授業研究に関する調査結果についてのレポート等のセッションに参加した。このセッションの参加者が少なかったので,全員が1つのテーブルについて意見交換をすることになった。当然,授業研究の伝統国から参加している私に,いくつかの質問が示される。急な質問に応じるのは大変であるが,なんとかこなした。
 その後,「21世紀スキルを学ぶ子どもたちを育てる教師」に関するフォーラムに参加して,私の大会参加が終わった。短い滞在であったが,教師教育に関する,いくつかの新しいアイデアや全米的な動向に接することができた。

|

« 全米教育大学協会の年次大会でしっかり学ぶ | Main | 全米教育大学協会の年次大会で得たもの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 全米教育大学協会の年次大会でしっかり学ぶ | Main | 全米教育大学協会の年次大会で得たもの »