« 「実践研究論文」とは何か | Main | 教師の力量形成に関する文献購読会 »

2013.03.07

「教師力向上」教育実践力継承事業開発実践校の実践発表会

 京都府総合教育センターは,今年度も,「『教師力向上』教育実践力継承事業」を企画・運営している。これは,府内6つの小中口頭学校に開発実践校になってもらい,各校で「教師力向上」に資する取り組みを推進してもらう。各校を担当する大学研究者が定められ,彼らは,1年間に5回程度,学校を訪問し,授業を見学したり,授業研究会に参加したりして,各校の取り組みにアドバイスを送る。
 本日の実践発表会では,2会場に分かれて,学校から取り組みの経緯や成果と課題が報告された。続いて,全員が集って,大学研究者等による,「校内における人材養成方法」に関するパネルディスカッションが繰り広げられた。校内研究のテーマをどのように定めるか,学校内で授業スタイルを統一することの光と影などについて,実践校の取り組みを踏まえながら,いろいろと意見を出し合った。

|

« 「実践研究論文」とは何か | Main | 教師の力量形成に関する文献購読会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「実践研究論文」とは何か | Main | 教師の力量形成に関する文献購読会 »