« 全米教育大学協会の年次大会のセッションでがんばる | Main | 「実践研究論文」とは何か »

2013.03.03

全米教育大学協会の年次大会で得たもの

 AACTE(The American Association of Colleges for Teacher Education,全米教育大学協会)の年次大会に参加して,いろいろと学んだ。まず,教育実習について,その期間を長くしようとする動きがはっきりしていた。また,例えば,模擬授業の実施や学級経営のシミュレーションソフトの活用など,準臨床経験を尊重する傾向も明らかであろう。さらに,教員養成に関わる大学スタッフの力量形成についての議論や実践が極めて豊富である。
 国際的な学会において,少人数で意見交換する機会をたくさん経験し,その度胸もついてきた。可能であれば,来年も参加してみたい。

|

« 全米教育大学協会の年次大会のセッションでがんばる | Main | 「実践研究論文」とは何か »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 全米教育大学協会の年次大会のセッションでがんばる | Main | 「実践研究論文」とは何か »