« 新鮮な教材を活用して | Main | 「大阪市学校教育ICT活用事業」のモデル校で授業公開(阿倍野小学校) »

2013.06.21

学校大好きオンリーワン事業による実践研究

 北九州市教育委員会は,「学校大好きオンリーワン事業」を展開し,各教科等の教育の実践研究を推進する拠点校を設けている。この事業は,「推進校の研究成果を全市に広め,本市の教育の充実と教育水準の向上を図り,子どもがいきいきと学ぶ学校づくりを目指すための取組」であり,「『その教科の授業のヒント・資料が見つかる。』といった,推進校は,教材センター的な役割も期待されている」ようである。
 例えば,推進校の1つである日明小学校は,音楽の実践研究のリーダー校である。同校は,「我が国の音楽による,表現(音楽づくり)と鑑賞の関連を図った授業づくり」を理論的実践的に推進している。教材研究,授業研究が量的・質的に豊かであるし,それを研究推進チーム,とりわけ研究推進委員長が巧みにリードしている。私が唱道する学校研究の企画・運営モデルやアクションの大半を満たしていた。

|

« 新鮮な教材を活用して | Main | 「大阪市学校教育ICT活用事業」のモデル校で授業公開(阿倍野小学校) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 新鮮な教材を活用して | Main | 「大阪市学校教育ICT活用事業」のモデル校で授業公開(阿倍野小学校) »