« 始業式の日も研究だ | Main | 日本教師教育学会第23回研究大会で実践研究の継続・発展の要因をレポート »

2013.08.30

授業づくりの工夫に関する地道な努力

P1420173P1420211 京都府教育委員会は,今年度も,「『教師力向上』教育実践力継承事業」を企画・運営している。事業の協力校は,大学研究者から実践研究の推進等に関して,年間数回,アドバイスを受ける。京都府総合教育センターのスタッフが学校と大学研究者を結びつける仲介役を果たす。
 昨年度に続いて,長岡京市立長岡第二中学校は協力校の1つとなっている。そして,同校の取り組みへのアドバイスは私が担当させていただいている。研究推進リーダー教師のイニシアチブによって,2年間,同校の教師たちは,「全ての生徒が興味をもち,主体的に学習する授業づくり」を合い言葉にして,授業研究会や各種研修会を重ねてきた。その成果が,学力調査の結果にも,日々の授業における生徒の様子にも現れているという。同校の教師たちの授業づくりの工夫に関する地道な努力に敬意を表したい。

|

« 始業式の日も研究だ | Main | 日本教師教育学会第23回研究大会で実践研究の継続・発展の要因をレポート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 始業式の日も研究だ | Main | 日本教師教育学会第23回研究大会で実践研究の継続・発展の要因をレポート »