« 日本教師教育学会第23回研究大会における研究発表を終えて | Main | 教育実習生が研究授業でがんばる »

2013.09.17

言語活動の充実の実践を続ける

P1420591_3P1420601_3
 三重県伊賀市の柘植中学校に出かけた(通算6度目)。この学校は,一昨年度から,「言語活動を意識した授業をどのように進めるか」をテーマに据えて,授業研究を重ねている。全員が研究授業を構想して,公開する。この日,教師たちは,3・4時間目に3年数学,5時間目に2年社会の授業を見学し,放課後,それらに関する協議を催した。
 いろいろと小さな課題はあれど,スタッフが変わっても,研究指定が外れても,ねばり強く,実践研究を続ける姿勢には敬意を表したい。それに応えるために,私は,1)言語活動の充実の理論的実践的動向,これまでの柘植中学校の実践の歴史の総括,そして本日の授業の特徴と課題を語った。
 それにしても,柘植から草津までのJR草津線に夕方,乗車して,毎回びっくりする。なぜ,あんなに混んでいる(乗客で車両がいっぱいになる)のか--。

|

« 日本教師教育学会第23回研究大会における研究発表を終えて | Main | 教育実習生が研究授業でがんばる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日本教師教育学会第23回研究大会における研究発表を終えて | Main | 教育実習生が研究授業でがんばる »