« WALS2013に参加し,基調講演を拝聴して | Main | 世界授業研究学会(WALS)2013での発表が終わる »

2013.09.08

学校をあげて授業研究を実施できるすばらしさ(WALS2013第二日目)

P1420352 スウェーデンのヨーテボリで催されている世界授業研究学会(WALS2013)の第二日目。今日は,シンポジウムと並行セッションに出席した。前者は,英国の授業研究プロジェクトにおいて熟練教師が果たす役割に関するものであった。後者は,以前に共同研究プロジェクトでご一緒させていただいた国立教育政策研究所の千々布先生のご発表などを拝聴した。
 各国の授業研究の事例やそれを推進するプロジェクトは,どちらかといえば,教科等の教師グループが単位で進められているものが多い。我が国のように,学校をあげて授業研究を実施し,しかもそれを継続・発展させているというのは,やはり先導的である。

|

« WALS2013に参加し,基調講演を拝聴して | Main | 世界授業研究学会(WALS)2013での発表が終わる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« WALS2013に参加し,基調講演を拝聴して | Main | 世界授業研究学会(WALS)2013での発表が終わる »