« 視聴覚・放送教育研究会全国大会にて | Main | 大阪教育大学公開講習会「教師のためのタブレット活用術」 »

2013.10.26

放送教育の展望(全国大会のシンポジウムにて)

P1430297 第17回視聴覚教育総合全国大会・第64回放送教育研究会全国大会の合同大会(北海道大会)の2日目は,まず全放連基調提案。続いて,団体別研究会。私は,全国放送教育研究会連盟シンポジウムに登壇。昨日公開された授業や提案された実践の特徴を解説するとともに,放送教育の展望を述べた。それは,以下のようなものだ。
・番組利用の基本コンセプトは教材論的検討,その特徴を生かすためには,丸ごと視聴(それに応える番組の制作)を主柱として
・それを前提としたメディアミックス的展開,それを評価するための(タブレット型PC等による)映像的ポートフォリオ(視聴ノートが変わる?)
・それを支える継続視聴とカリキュラム
・その基盤は「学び続ける教師」像

|

« 視聴覚・放送教育研究会全国大会にて | Main | 大阪教育大学公開講習会「教師のためのタブレット活用術」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 視聴覚・放送教育研究会全国大会にて | Main | 大阪教育大学公開講習会「教師のためのタブレット活用術」 »