« 大阪市立阿倍野小学校で公開授業 | Main | 大阪教育大学附属平野小学校の授業研究発表会(2月15日) »

2013.10.19

教職実践演習の試行を終えて

P1160980P1160993 多くの教員養成学部・大学では,今年度から,教職課程における学びを総括する科目「教職実践演習」がスタートする。しかし,私が現在講義を担当している大阪教育大学第2部は5年課程なので,その本格実施は,次年度となる。多くの大学等で昨年度そうだったように,大阪教育大学第2部では,今年度,その試行に従事している。私も,本日,教職実践演習の一環たるミニ講座として「教育実習生やインターン生と初任教師は何が違うか」を開講した。これは,次のような内容から成る。
・これまでの実地体験の整理と振り返り
・初任教師の実態の把握
・教師になるまでに準備できること,すべきことの検討
 この内容に迫るために,いくつかの資料やワークシート,映像教材等を準備して講義に臨んだ。それによって,教員志望学生たちが教職課程における学びを省察することを促せたとは思う。しかしながら,時間配分や展開に問題点もあり,講義のデザインに修正が必要なことが分かった。12月にも別の学生を相手に講義を再度開講するので,その時には,今回よりも充実した講義としたい。

|

« 大阪市立阿倍野小学校で公開授業 | Main | 大阪教育大学附属平野小学校の授業研究発表会(2月15日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大阪市立阿倍野小学校で公開授業 | Main | 大阪教育大学附属平野小学校の授業研究発表会(2月15日) »