« 生徒自身の手で作りあげる学習共同体は力強い | Main | 日本教育工学会の編集委員会や理事会に出席 »

2013.11.15

学校における実践研究の理想的な展開(三原市立幸崎中学校)

P1430733 広島県三原市立幸崎中学校が広島県中学校視聴覚教育研究大会【三原大会】の会場校となって,3つの授業を公開したり,研究発表を行ったりした。この学校は,平成22~23年度,パナソニック教育財団の第36回実践研究助成の特別研究指定校として,「『思考力・表現力』を高める授業の創造~学習集団の育成を通して~」という研究テーマをかかげ,それらの能力を育成するためのICT活用に取り組んできた。
P1430783 その資産を今に生かすべく,道徳教育とICT活用の接点に迫ろうとしたり,タブレット型PCの利用にチャレンジしたり(社会),いわゆる「作品の作品化」をICT活用によって実現したり(美術)という実践が生まれていた。幸崎中学校の教師たちの実践研究の継続・発展には,学校における実践研究の理想的な展開を見いだせる。

|

« 生徒自身の手で作りあげる学習共同体は力強い | Main | 日本教育工学会の編集委員会や理事会に出席 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 生徒自身の手で作りあげる学習共同体は力強い | Main | 日本教育工学会の編集委員会や理事会に出席 »