« 日本教育工学会の研究会JSET13-5で発表(12月14日,徳島大学) | Main | 学び続ける教師たち創る成長する学校 »

2013.11.19

授業研究の連続発展を目指す

P1430877 5月に続き,尼崎市立潮小学校の授業研究会に参加した。第3学年の国語の授業を見学した。「三年とうげ」の読解の後,子どもたちは,起承転結で構成されている物語を創作し,クラス全体で物語集に仕上げる。子どもたちが書くことに意欲的に取り組んでいたし,それを指導者が支援した,よい授業であった。また,研究授業後の協議も,当該授業の特徴と課題を研究テーマ「自ら学び,考える力をつける学習指導の工夫」に即して多面的に検討できた。
P1430912 私は,それを認めたり整理したりしつつ,研究授業のさらなる可能性を解説した。そして,このような議論を授業研究会をまたいで繰り広げる必要性とそのための授業研究会のデザインの工夫についても言及した。

|

« 日本教育工学会の研究会JSET13-5で発表(12月14日,徳島大学) | Main | 学び続ける教師たち創る成長する学校 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日本教育工学会の研究会JSET13-5で発表(12月14日,徳島大学) | Main | 学び続ける教師たち創る成長する学校 »