« 言語活動の充実と体育授業の接点の好例 | Main | 公立学校での教育実習を振り返って »

2013.12.07

学生に「先生らしいとは?」とたずねてみて(教職実践演習試行)

P11702661 今日も,教職課程における学びを総括する科目「教職実践演習」の試行の一環で,ミニ講座「教育実習生やインターン生と初任教師は何が違うか」を開講した。これは,次のような内容から成る。
・これまでの実地体験の整理と振り返り
・初任教師の実態の把握
・教師になるまでに準備できること,すべきことの検討
P1170267 しかし,途中で,少々シナリオが変わった。受講生たちの振り返りに耳を傾ける中で,「先生らしい」ってどのような状態(言動)であるか,その行動原理はなにかという問いを発したくなったからだ。教職課程は,よい意味で「先生らしく」なる過程に他ならないと考えたからである。そうすると,受講生たちは,写真のようなポイントを呈してくれた。それに即して,教育実習等の実地体験の振り返りやより「先生らしく」なるためのアクションを考えることとなった。

|

« 言語活動の充実と体育授業の接点の好例 | Main | 公立学校での教育実習を振り返って »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 言語活動の充実と体育授業の接点の好例 | Main | 公立学校での教育実習を振り返って »