« 「教育工学的な視点に基づく教師教育ハンドブックの開発-その理論と実践の分析から-」 | Main | 大阪市立阿倍野小学校の授業公開(2月7日午後) »

2014.01.14

やはり広島県の教育はすごい

 広島県立教育センターに赴いた。ここで催されている,平成25年度専門研修講座「授業改善を組織的に進めるための校内研修」で講義を行うためだ。校内研修の企画・運営上の工夫について講じたが,いくつか問いを投げかけてみると,それに関する様々なアイディアを少なからずの学校が実践していることが分かった。講座参加者は,さらに意欲的に,より成熟した取り組みを志向しているので,私も,校内研修をさらに充実させるための手だても即興で加えて話した。
 広島県の学校に行くと,県教育委員会が提唱する学力向上の考え方の成熟,県立教育センターが企画・運営する講座の活動の精錬,そして各学校の取り組みの充実を感じられることが多い。やはり,広島県の教育はすごい。

|

« 「教育工学的な視点に基づく教師教育ハンドブックの開発-その理論と実践の分析から-」 | Main | 大阪市立阿倍野小学校の授業公開(2月7日午後) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「教育工学的な視点に基づく教師教育ハンドブックの開発-その理論と実践の分析から-」 | Main | 大阪市立阿倍野小学校の授業公開(2月7日午後) »