« 研究発表会を前にして教員と子どもががんばる | Main | 授業研究会で指摘されたことにすぐに応える »

2014.02.16

研究発表会の企画・運営は,絶えざる改善が求められる

P1000636 昨日,私が学校長を務めている大阪教育大学附属平野小学校が授業研究発表会を催した。研究テーマ「学びを創り続ける子どもの育成」の研究発表等の研究全体会,公開授業,教科別分科会,講演会というプログラムに,全国各地からたくさんの先生方に参加していただいた。前日の大雪にもめげず,研究発表会にかけつけてくださった皆さんに,衷心より御礼申し上げる。
P1090893 大阪教育大学附属平野小学校では,昨年度から,研究発表会の企画・運営を工夫してきた。オンライン参加申し込み,研究総論や指導案のホームページでの事前公開,参加型の協議会の運営等々である。参加者数の増加,研究発表会アンケートの回収数,なにより研究授業を見学なさっている方々の真剣な表情に,それらの工夫の意義を再確認できよう。もちろん,まだまだ,改善の余地はある。授業づくりがそうであるように,研究発表会の企画・運営も,絶えざる改善が求められよう。

|

« 研究発表会を前にして教員と子どもががんばる | Main | 授業研究会で指摘されたことにすぐに応える »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 研究発表会を前にして教員と子どもががんばる | Main | 授業研究会で指摘されたことにすぐに応える »