« 附属の研究の真骨頂は,教材開発にある | Main | 研究発表会を前にして教員と子どもががんばる »

2014.02.13

研究主任が1年間の努力をポスターに

P1000449 平成25年度みえの教職員授業力向上研修事業の一環である授業研究担当者育成研修実践交流会が開催された。これは,県下16校の重点推進校の研究主任たちが,三重県教育委員会のサポートの下,1年間,校内研修の企画・運営に工夫したことを報告する集いである。彼らは,校内研修のR-PDCAサイクルを意識して,また,教師たちの学び合いを大切にして,1年間チャレンジし続けてきた。その成果は,ポスターに象徴されている。自身の努力を豊かに表現しているということは,工夫がたくさんあり,またそれらが構造的であるということを意味している。そもそも,校内研修の企画・運営に熱意を抱いていることを示している。
 P1000486 もらって帰りたいくらい,ステキなポスターがたくさんあった。

|

« 附属の研究の真骨頂は,教材開発にある | Main | 研究発表会を前にして教員と子どもががんばる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 附属の研究の真骨頂は,教材開発にある | Main | 研究発表会を前にして教員と子どもががんばる »