« February 2014 | Main | April 2014 »

2014.03.31

必ずしも願っていなかった異動をむしろ糧にして

 先週から,教員や教育委員会スタッフの異動の知らせがいくつか届いている。長く教育行政に勤務した知り合いが学校長になったり,学校研究で活躍していた研究主任が教育委員会指導主事になったりと,届く知らせは様々だ。私たち大学人と違って,学校現場の教師たちには,勤務先を選ぶ権利は(ほとんど)ない。だから,本人が喜ぶケースもあれば,そうではないケースもある。しかし,後者の場合でも,ある教員たちは,新しい学校や教育センターで,それまでの人的ネットワークを活かし,いや,拡充させて,研究活動を発展させている。換言すれば,必ずしも願っていなかった異動をむしろ糧にして学び続けている。そういう姿勢を私たちも見習いたいものである。

| | Comments (0)

2014.03.30

卒論ゼミOBの結婚披露宴にて

14033021 今日は,数年前に,卒論ゼミに所属していたOBの結婚披露宴であった。パートナーも,本学二部の学生であったため,新郎新婦の恩師と位置づけられ,乾杯の発声役を果たすこととなった。二人とも,明るく,元気な学生であったが,本日の披露宴は,参会者に対する気遣いがたくさん感じられる,ステキなパーティーであった。お二人さん,お幸せに。
 それにしても,この1年で結婚披露宴等に出席すること,5回。自己最多回数を記録した。

| | Comments (0)

2014.03.29

教育支援人材育成推進シンポジウム

 東京の神保町の学術総合センターで催された,教育支援人材育成推進シンポジウムに登壇してきた。これは,東京学芸大学がHATOプロジェクトの1つとして企画・運営している「教育支援人材養成プロジェクト」の活動として営まれたものだ。教育支援人材という概念やその枠組み,さらにはこれに関係する調査やプログラムに関する報告を聞いた後,私は,コメンテーターとして,学校教員がコーディネータ役を果たしている,しかし,それには限界があることを最初に述べた。次いで,教職の特性と提案や報告の内容を関係づけた。そして,学校教員と教育支援人材のチームによる子どもの育ち(チームアプローチ)の充実に向けた課題について,次の3点を指摘した。
・教師としてのアイデンティティや学校としてのグループアイデンティティの維持,子ども育成チームとしてのグループアイデンティティの成立をどのように進めるか
・学校の教員は,チームアプローチを「いつ」「どのような文脈」で学ぶべきか
・チームにリーダーは存在するのか,その役割を誰が果たすのか

| | Comments (0)

2014.03.28

修論ゼミ生たちとのひととき

1403271 昨夜は,夕方から,修論ゼミ生たちとハルカスや新宿ごちそうビルでひとときを過ごした。M1やM0が先輩たちであるM2の修了をお祝いする,送別会である。M2にとって,楽しく,そして,これまでの苦労をかみしめ,さらにこれからの抱負を考えることのできる,よき機会となったと思う。
P1010650

| | Comments (0)

2014.03.26

今日は,卒業式・修了式

1403261114032621
 今日は,我が大阪教育大学の卒業式・修了式だ。二部の学生,大学院実践学校教育専攻の院生たちも,学位記を手にした。そして,夜,謝恩会。私は,乾杯の音頭役を拝命したが,その挨拶の中で,「二部や実践学校教育専攻の学生・院生たちの熱心さが大好きだ,それに大学教員としての喜びを味わわせてもらった,ありがとう」とコメントした。彼らのますますの活躍を楽しみにしている。

| | Comments (0)

2014.03.25

続いてお別れ遠足

P1010614 続いて,午後は,お別れ遠足として,USJに赴いた(年休をとって)。ゼミ生たちの多くは,年間パスを有しているほどのUSJ通で,時間のない私のために,効率よく乗り物に乗り,ショーを楽しめるよう,考えてくれた。ありがとう。感謝の気持ちを表すために,ピンクのスヌーピーのマスコットを全員に買ってあげた。

| | Comments (0)

まずは研究室の大掃除

P1010605P1010611
 今日は,年度末恒例の卒論ゼミ生たちと過ごす1日であった。まずは,研究室の大掃除。かなりの不要品を捨てたし,学術雑誌などを雑誌別・年代順に整理した。最後にゼミを重ねた研究室で記念写真。ピンクのクマも,参加だ(いや,現在リヨンに留学中のゼミ生の代わりだ)。ホワイトボードに寄せ書きもしてもらった。

| | Comments (0)

2014.03.24

春休みも,実践研究に関する校内研修を

P1100551 大阪教育大学附属平野小学校は,公立校よりも一足早く春休みを迎えた(修了式は20日だった)。しかし,実践研究のための集いを催し,次年度のよいスタートに備えた。本日の研修では,本年度の振り返りの後,研究テーマ「学びを創り続ける子どもの育成」に資する教師の役割=次年度の研究の副題の具体化を図るために,それに関するアイデアをブレインストーミング的に創出していった。

| | Comments (0)

2014.03.23

全放連・生きる力プロジェクトの成果報告書

 一月ほど前に,渋谷のNHKで,全国放送教育研究会連盟(全放連)の「生きる力を培う『放送学習』」プロジェクトの成果報告会が催された。このプロジェクトは,生きる力の育成に資する放送番組活用の実践を蓄積し,整理し,共有化しようとするものだ。3年間のプロジェクトの歩みをまとめた,また代表的な実践例を載せた報告書をプロジェクトのメンバーは作成中である。私も,「監修にあたって」という拙稿を寄せた。できあがったら,できるだけたくさんの方にご覧いただきたい。

| | Comments (0)

2014.03.22

教師の力量形成に関する文献購読会の準備を

 昨日,本日と,明日催される「教師の力量形成に関する研究会」(第20回)の準備にかなりの時間を割いた。これは,春・夏・冬と毎年3回開催されている研究会であるが,全員が,教師の力量形成に関わる外国語文献を読んで,その内容をレポートする。そして,それをもとに,教師の力量形成に関する理論的・実践的動向を議論する。明日,私は,以下の文献を発表させてもらう。
S. Bahia, I. Freire, A. Amaral and M. T. Estrela (2013)The emotional dimension of teaching in a group of Portuguese teachers. Teachers and Teaching. Routledge, vol.19, 275-292.

| | Comments (0)

2014.03.18

都道府県教育委員会の学力向上施策の発展に向けて

 昨年度,本年度と,岡山県教育委員会の学力向上アドバイザーを拝命している。同委員会の学力向上施策,その進捗状況に対して意見を述べるのに加えて,私は,岡山県教育委員会が学力向上施策を自己点検・評価するための評価基準づくりを担当してきた。それは,X学力向上施策の枠組み,A県教育委員会が実施主体となる施策の企画・運営,B県教育委員会の市町村教育委員会に対する働きかけ,Cその他の4つの領域の21の観点に基づく施策について,それぞれ4段階のレベルを定めたものである。
 岡山県教育委員会が子どもたちの学力を高める施策を構想し,実施し,点検・評価する際に,活用suru
ツールである。本日は,前記基準表において21の観点の1つに定めた「2.他の組織(大学等)との連携」に該当する,岡山市教育委員会と岡山県教育委員会の学力向上施策の連携について,双方のスタッフが集い,私が司会進行役を果たして,その可能性や手順が検討された。都道府県教育委員会の学力向上施策は,このように,確かな枠組みや指標を基にして展開しなければ,(政治に振り回されがちなので)その発展は難しかろう。


| | Comments (0)

2014.03.15

教育支援人材養成プロジェクトのシンポジウム

 大阪教育大学は,北海道教育大学,東京学芸大学,愛知教育大学と連携して,教員養成等の先導的なプログラムを開発している(HATOプロジェクト)。そのうちの1つが,私もメンバーに名を連ねる「教育支援人材養成プロジェクト」である。
 このプロジェクトは,次のようなことに取り組む。
①「教員・職員」「専門職的教育支援者」「ボランタリーな教育支援者」の協働モデルについて調査・研究・開発を行うこと
②モデル地域を設定し事例実践に基づいたモデルの評価を行うこと
③既存の取組みを有効に活用しつつ、教員養成系大学における「教員支援人材」育成のためのカリキュラム開発を行うこと,それを通じて地域と協働する教員養成系大学の具体的な在り方について実践的に検討すること
 3月29日(土)の午後,このプロジェクトの枠組みや内容を公開するシンポジウムが催される。文部科学副大臣の講演等も企画されている。私も,コメンテーターとして参加する。詳しくは,こちらを。「Symposium2014.3.29.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

2014.03.11

教育支援人材養成プロジェクト

 東京学芸大学にやって来た。北海道教育大学・愛知教育大学・東京学芸大学・大阪教育大学の4つの教育大学が連携して取り組む教員養成の高度化支援システムの構築プロジェクトHATOプロジェクトの1つ,「先導的実践プログラム部門教育支援人材養成プロジェクト」の第2回合同研究会に出席するためだ。「教育支援人材」という概念の共通理解,それに基づくプロジェクトの課題等を話し合う。

| | Comments (0)

2014.03.07

異動した1年目の12ヶ月の振り返り

 今年度,大阪教育大学附属平野小学校では,副校長が主催する「基本研修会」なるものが企画・運営されている。附属小学校に異動してきた1年目の教員を対象とする特別研修会だ。附属学校には,先導的な実践研究,教育実習,連絡進学,入学選考等の独自の営みやシステムがある。それに適応してもらうための取り組みである。今日はその最終回であり,先の4月に赴任した教員たちが12ヶ月間を振り返っていた。

| | Comments (0)

2014.03.05

さあ,仕切り直しだ

 予定よりも半日遅れで米国から帰阪し,5日午後から,日本での仕事が再開となった。またまたスーツケースが壊れていたので,修理の依頼があったり,リスタートは必ずしも順調ではなかった。しかし,中高等学校の講演を1つ終え,それが仕切り直しとなった。明日は,附属小学校の音楽会,明後日は他附属の卒業式,土日もPTA関係の行事等があり,しばらくは,附属学校関係の行事が続く。もちろん,来週には,附属平野小学校の卒業式という学校長としての一大イベントも予定されている。仕切り直しをゆっくりとやっている時間はない。今夜から,がんばろう。

| | Comments (0)

2014.03.04

まあ,仕方がない--

 米国出張からの帰途,残念ながら,インディアナポリスからシカゴの便が機材の故障で大幅に遅れ,予定の帰国便に乗り継げなかった。十数年前にアムステルダムでやはり乗り継げないことがあったが,久しぶりなので,少々ショックであった。とりわけ,走ってゲートに行ったら,まだ駐機していて,でもゲートをクローズにしたのでもうダメだと言われて,よけい情けなかった。いろいろ交渉して,約6時間後の便で帰ることになった。ただ,成田から羽田に移動して伊丹に帰るという変則ルートになったので,帰国してからの苦労は3倍増といった感じだ。
 それにしても,空港に長くいると,トム・ハンクス主演の映画『ターミナル』(The Terminal)を思い出すな。あれに比べれば,6時間なんて短いものだと思いたいが--。まあ,仕方がない。

| | Comments (0)

2014.03.03

帰国の途に,しかし--

 米国のインディアナポリスのホテルを早朝に出発したが,空港で足止め状態となった。機材の故障である。シカゴでの乗り継ぎに支障がでるかもしれず,予定どおりには帰られそうにない。その場合には,関係各方面にご迷惑をおかけしますが,お許しください。

| | Comments (0)

第66回全米教育大学協会年次大会第2日目に

P1010376 第66回全米教育大学協会年次大会第2日目は,様々なセッションに参加し,この国の教師教育の理論的実践的動向にふれた。例えば,今回よく「High-Quality Teacher」という言葉を耳にした。そして,それを実現するために,教育実習の長期化と指導教員制の改善の試みが増えていた。

| | Comments (0)

2014.03.02

第66回全米教育大学協会年次大会1日目に

P1010339 日本時刻の1日深夜から,インディアナポリスのホテルにて,第66回全米教育大学協会年次大会が始まった。いくつかのセッションでの報告を聞いていると,この国の教師教育の理論的・実践的動向が分かってきた。例えば,教員養成における臨床体験のさらなる重視,それを充実させるための仕組みの強化(例えば,教育実習に専門的にあたる指導教員を大学が雇用する等)などである。カンファレンスコミュニティセンターに出展している出版社のコーナーで書籍も買い求めた。なかなかハードである。

| | Comments (0)

2014.03.01

さあ,これから,全米教育大学協会年次大会へ

 日本時間の3月1日10時頃,インディアナポリスに着いた。小さなトラブルがあったが,気を取り直して,(一晩あけて)これから全米教育大学協議会年次大会に向かう。シンポジウムやフォーラムや並行セッション,さらにコミュニティセンター等で,がんばって資料を収集する。

| | Comments (0)

« February 2014 | Main | April 2014 »